タニダ歯科医院について

タニダ歯科医院ブログ

西宮市の歯医者「タニダ歯科医院」がお送りするブログです。

認知症と歯周病

こんにちは。

歯科医師の今泉です。

寒い季節に突入しましたね。

最近歯周病と認知症についての研究結果が発表されました。

以下記事を参照します。

 

歯周病菌が体内に侵入し、認知症の原因物質が脳に蓄積して記憶障害が起きる仕組みを

九州大などの研究チームが解明した。歯周病と認知症の関連は近年注目を集めており、

認知症対策につながる発見という。

認知症の7割を占めるアルツハイマー病は、

「アミロイドベータ()」などの異常なたんぱく質が長年、少しずつ脳に蓄積し、

発症や症状の進行につながるとされる。

 

 近年、歯周病の原因菌やその毒素が血管を通じて体内に侵入することで、

が体内でつくられ、脳に蓄積することが解明されてきたが、

蓄積の仕組みは詳しく分かっていなかった。

 

 九大や北京理工大(中国)などの研究チームは、マウスの腹の内部に3週間、

歯周病菌を直接投与して感染させ、正常なマウスと比較した。

 

 その結果、歯周病菌に感染したマウスの脳血管の表面では、

を脳内に運ぶ「受容体」と呼ばれるたんぱく質の数が約2倍に増えていた。

脳細胞へのの蓄積量も10倍に増えた。

 

 暗い部屋に入れば電気ショックを受けることを学ばせた記憶実験では、

正常なマウスは5分間、明るい部屋にとどまり続けたが、

感染マウスは約3分で暗い部屋に入ってしまい、記憶力低下が裏付けられた。

 

 一方、を運ぶ受容体の働きを阻害する薬剤を使えば、

感染した細胞内を通るの量を4割減らせることも確認できたという。

 

 チームの武洲(たけひろ)・九大准教授(脳神経科学)は「歯周病菌が、

異常なたんぱく質が脳に蓄積することを加速させてしまうことが明らかになった。

歯周病の治療や予防で、認知症の発症や進行を遅らせることができる可能性がある」と話す。

とあり、歯周治療の重要性がわかります。

歯周病は認知症だけではなく、糖尿病の悪化や全身疾患への影響も報告が上がっております。

歯周病検査治療は是非タニダ歯科へ!!

 


睡眠呼吸障害について

こんにちは。歯科医師の法貴拓也です。

日が暮れるのも早くなり徐々に寒くなってきました。

インフルエンザと新型コロナウイルスに気をつけながら2020年残り2ヶ月過ごしましょう。

今回は前回の睡眠呼吸障害の続きです。

睡眠呼吸障害の治療の流れは下記の図のフローチャートに示されています。

睡眠呼吸障害患者に認められる症状として、口腔内症状は

①歯ぎしり 咬耗②逆流性食道炎による酸蝕症③幅の狭い上顎/高口蓋④舌側面、頬側面の圧痕

⑤不正咬合 歯列不正⑥歯頚部欠損 歯肉退縮等があります。

一般症状は①嘔吐反射の喪失②頭痛(とくに起床時)③口呼吸習慣④口腔顔面痛

⑤舌突出癖⑥下顎が小さい等があります。
医科における睡眠呼吸障害の診断を踏まえ、医師がOAを必要であると判断した場合、

歯科医師は医師からOA製作の依頼を受けます。OAを保持するために必要な歯数、

口腔内のスペース、顎関節症の有無等を確認した後、OAが適応であれば、印象採得及び咬合採得へと進みます。

咬合採得は一般的に最大前方位の25〜75%の間で調整していきます。

OAを調整した後でも下顎位の位置を変更することも可能なので、

症状にあわせて適宜対応していくことになります。
OAの種類は下図に示します。

使用されるOAに求められる条件は①下顎位の調整が可能であること

②臼歯部の支持があること ③歯列全てを覆うものであること④下顎を左右にある程度動かせること

⑤口唇を閉じることができ鼻呼吸を促すことができること⑥舌が収まる空間を確保できること等があります。
OAの選択は、歯列の状態、口腔内のスペース、筋突起の位置等を考慮し判断します。
咬合の変化を防止するための方法として、熱可塑性樹脂のアクリル板を噛んでもらい、

OA装着前の咬頭嵌合位を記録し、毎朝OAを外した後に、

数十秒間それを噛んでもらう方法と就寝中に下顎が前に出ることで

伸長した外側翼突筋が緊張してしまうため、それをリラックスさせる目的で、

毎朝1分間ほどそれに適した運動を行う方法があります。
その他、必要に応じて医師と連携し、就寝衛生の向上や減量など生活習慣の改善に向けた指導も行います。

就寝衛生の内容としては、適切な枕や他の寝具の選択、就寝中に気道が確保できる体位、

寝室の適切な照度、就寝前のカフェイン摂取の制限、などが挙げられます。

お口の中で気になることがあれば何で相談してください。

 

 


根面う蝕について

こんにちは。歯科医師の岩本です。

 

私が訪問診療に出始めたのは

もう15年以上前になりますが、

当時は歯を削る機械を

あまり使いませんでした。

 

診療するのは今と同じく、

お年寄りの方が多かったのですが、

ご自身の歯が残っている方が

ずっと少なかったのです。

 

 

平成元年からは

8020運動も始まり

(80歳でも20本以上自分の歯を保とう)

口腔衛生への関心が

高まってきた現在では、

ご高齢でもきれいな歯が

ずらっと残っている方が多く、

それに伴って歯を削る治療も

増えてきました。

 

 

ところで、若い頃から何十年も虫歯のない状態をキープしてきたにも

かかわらず、後期高齢者と呼ばれるころになって

急に虫歯が増えてくることがあります。

 

このタイプの虫歯の多くは、若い人の虫歯とは出来る場所が

異なります。奥歯のかみ合わせの溝や、歯と歯の間ではなく、

歯と歯肉の境目が黒くなってくるのです。

 

これを、根面う蝕といいます。

 

 

う蝕(虫歯)とは、

細菌の出す酸によって歯が脱灰される(溶かされる)ことです。

歯の表面は、エナメル質という硬い物資で覆われており

ある程度までは酸に耐えることが出来るのですが、

 

歳を重ね歯周病で歯肉が下がってしまうと

エナメル質に覆われていない歯根部が露出してしまいます。

歯根の表面は、エナメル質よりも酸に弱いため、

歯磨きが行き届いていないとすぐに溶かされてしまいます。

 

また、歳とともに唾液の量が減り、

食後の酸性化した口腔内を中性に戻す力(緩衝能)も低下しています。

 

また、金属冠などの被せ物で治療された歯は、

冠の縁にとても汚れがたまりやすく、また

清掃が難しいこともあり、未治療の天然歯よりも

さらに虫歯になりやすいです。

 

根面う蝕を防ぐ対策は、

 

まずは「歯周病の進行を抑えて歯根がなるべく露出しないようにする」

 

次に、「露出してしまった根の表面についた汚れはキレイに落とす」

そして、「フッ素(歯質を強化する)の力を借りる」です。

 

昔は「歯磨き剤の泡と清涼感でごまかされて、磨けていないのに磨けたと勘違いするから」

という理由で、歯磨き剤をごくわずか使用するか、またはつけずに磨くことが

推奨されていました。

 

ですが、現在では、高濃度フッ化物(フッ素)配合の歯磨き剤を多めにつけ、

磨いたあとは軽くゆすぐだけにしておくことで、虫歯の予防効果が期待できると言われています。

 

ただし、口の中に食べかすがたくさん残っている場合は、歯磨き剤をつけてしまうと

汚れが見えづらくなることもありますので、理想的には水だけでまず落とせる汚れは落とし、

仕上げとして歯磨き剤を使用するのが良いのではないかと思います。


骨粗鬆症 その①

こんにちは、豊原です。朝晩はかなり冷え込むようになり体調を崩しやすい今日この頃ですが、

柿や栗、お鍋料理などが美味しく感じられ、秋らしい季節になりましたね。

今回は、今や身近でよく知られる病気となった骨粗鬆症について書きます。

骨粗鬆症とは、骨の強度が低下してもろくなる病気です。

このため骨折をきたしやすくなります。

その要因としては、女性ホルモンであるエストロゲンの欠乏、

加齢や運動不足などの生活習慣が指摘されています。

とりわけ閉経後の女性が発症しやすいことが知られています。
骨の強度を規定する要因としては、骨密度と骨の質 (骨質) があります。

骨の強度に関しては、70%が骨密度、残りの30%は骨質に影響されるといわれています。

健康な骨の維持には骨の形成や吸収といった代謝のバランスが鍵となります。

しかし、加齢に伴うビタミンDや副甲状腺ホルモンのはたらきの変化により骨代謝のバランスが崩れていき、

さらに女性の場合、閉経や加齢により、

骨の分解を抑制するエストロゲンというホルモンの分泌が急速に低下します。

その結果、骨の形成が吸収に追いつかなくなり、より骨を壊す方向へと傾いてしまいます。

このほか、無理なダイエットや偏食により栄養バランスが偏ると、カルシウムやタンパク質、

ビタミンD、ビタミンKなどが不足し、骨量が減りやすくなります。

遺伝的要因や特定の病気、薬の影響によって二次的に起こることも知られています。

たとえば、甲状腺機能亢進症やクッシング症候群などの内分泌疾患、

胃切除や吸収不良症候群など栄養に関連した疾患、ステロイドなどの薬剤、糖尿病などの生活習慣病、

先天性疾患などさまざまな疾患が挙げられます。

糖尿病の患者さんでは、同じ骨密度であっても骨折のリスクが高くなることが知られており、

骨質の変化が発症に関わることがわかっています。女性に多い病気ではありますが、

男性が発症した場合には生活習慣病が原因となっている場合が多く、

症状が重篤になりやすいとされています。
診断はX線検査でも可能ですが、骨の量や成分(骨密度)を測定するためには、

デキサ法(2重エネルギーX線吸収法)、超音波法、MD法、CT法といった検査をします。

骨粗鬆症は予防が大切な病気です。

転ばないよう注意したり、カルシウムやビタミンD、ビタミンK、リン、マグネシウム、

適量のタンパク質の摂取も大切です。禁煙し、アルコール控えめな生活を心がけ、

適度な運動と日光浴も有効です。

治療しては内服薬や注射などがあります。

次回はこの治療薬について、歯科との関連から書きたいと思います。

空気が乾燥しているため風邪を引きやすいですから、

お部屋の加湿やうがいをしっかりなさって、喉を潤してあげてくださいね。

 


全身疾患や投与薬剤と歯科治療と関連

こんにちは、歯科医師の久貝です。
季節は「秋」、だんだんと朝晩の寒さが身に染みる季節になってきましたね。
皆さん体調はいかがですか?風邪を引いてはいませんか?
ウガイ、手洗いを行うように、日頃から十分に気を付けてくださいね。

さてさて、最近 医院にて診療をしていたり、

訪問診療にて患者さんを診ていて痛感することが1つあるのですが、
やっぱり「問診」は大切だなぁ・・・という事です。

どの歯科医院にも問診票が置いてあります。
初めて歯科を受診すると「問診票を書いて下さい」と言われます。
①「今までにどのような病気に罹ったことがありますか」
②「現在飲んでいる薬はありますか」

といった内容の質問が記載されています。

その問診票の質問に正確に答えることが大切なのです。
「歯が悪いのだから歯の病気について答えればいいだろう。」
「内科的な病気は歯科治療と関係ないだろう。」
と思われるかもしれませんが、

実は全身疾患や投与薬剤の中には歯科治療と関連のあるものが意外に多いのです。

たとえば、ある種の病気では血栓を予防するために抗凝固薬が処方される場合があります。

抗凝固薬は血液が固まらないようにする薬ですから、

歯科治療で歯を抜いたあと血が止まらなくなってしまう可能性があります。

抗凝固薬を飲んでいる患者さんには歯科医師が内科の先生と相談して、

抗凝固薬をそのまま続けるか、あるいは減量するか、

あるいは一時的に中止するかを決定します。

また、アスピリン喘息という病気がありますが、

アスピリン喘息の患者さんは抜歯後などに処方される痛み止めの薬で喘息発作が起こることがあります。

むしろ歯科医院でふつうに処方される鎮痛薬の多くはアスピリン喘息を起こしやすいのです。

もし歯科医師がアスピリン喘息であること知らないと、いつもの鎮痛薬を渡してしまう可能があります。

高血圧症で血圧を下げる薬を飲んでいる患者さんは、

その降圧薬の作用によって血圧が安定しているわけですから、

もしも降圧薬を飲まずに歯科治療を受けると、血圧がひどく上がってしまって、

めまい、吐き気、頭痛といった症状が出てしまうことがあります。

ですから、歯科治療を受ける日の朝も、いつものように降圧薬を服用して下さい。

長年、高血圧の薬を飲んでいる方の中には、「もう飲まなくてもいいだろう、どうもないから」

と自分で判断して降圧薬を中止してしまう方がいます。

そうすると知らないうちに血圧が上がっていて、

歯科医院で血圧を測ったら200を超えていたということになりかねません。
これでは歯科治療どころではありません。

内科の先生の指示をよく守って、血圧が安定した状態で歯科治療を受けてください。

なので、繰り返し言いますが「必ず問診票には処方されている薬の名前を書いて欲しい」のです。

薬の名前が分かれば歯科治療と関連があるかどうかを歯科医師が判断します。

ときとして歯科治療中に気分が悪くなることがあります。

内科的な病気がある患者さんばかりではなく、日頃から元気な患者さんでも、

歯科治療中に気分が悪くなることがあります。
たいていの場合は、歯科治療に対する「不安感」、「恐怖心」、「歯科治療中の痛み」などが原因です。

もしも歯科治療中に気分が悪くなったら、早めに歯科医師に知らせて下さい。

遠慮して我慢していると、もっと気分が悪くなってしまうことがあります。

早めに対処すれば治りますから、決して我慢しないで、歯科医師に「気分が悪い」とおっしゃって下さい。