タニダ歯科医院について

タニダ歯科医院ブログ

 

西宮市の「タニダ歯科医院」がお送りするブログです。

乳幼児期の反対咬合

こんにちは、歯科医師の森岡です。
本日は保護者の皆様にも気づきやすい、
乳幼児期の反対咬合(受け口)についてお話させていただきます。

そもそも反対咬合(受け口)とは?どういう状態のことをいうのか。
本来正常の噛み合わせでは、下の前歯は上の前歯の後方に位置します。
反対咬合とはその前後関係が逆になっている状態で、
下の前歯が上の前歯より前に出てしまっている状態のことをいいます。

それでは何故反対咬合(受け口)になったのか?
歯並びの不正には必ず原因があります。
遺伝的要因ももちろんありますが、乳幼児期の不正咬合は
悪習癖や筋肉のバランスのくずれなどの後天的な要因が
大きく影響していると考えられています。
またその時点で原因となる要因(トリガー)を取り除くことで、
早期改善が見込まれます。
逆にその要因(トリガー)を放置しているとどうなるのか?
乳歯列期では下顎の位置は固定的ではなく成長によって
どんどん変化していきます。
乳幼児期の反対咬合(受け口)を放置しておくと前歯を使った
食育ができず顎の骨を正しく育成することができません。
その結果、6歳ごろに前歯が乳歯から永久歯に生え変わり始めても、
成長不足の顎に合わせた反対咬合(受け口)が定着してしまいます。
反対咬合(受け口)に関しては治療に介入する時期が非常に重要です。
保護者の方からお子様のお口をみて「なにかおかしいな」
と感じたら様子をみてはいけません。
反対咬合(受け口)が定着する前の早い段階で原因を除去し、
正しい成長過程に誘導してあげることが大切になってきます。

悪習癖や筋肉のバランスの崩れなど後天的な要因からの
反対咬合(受け口)のお子様にはいくつかの特徴があります。
・上唇の圧力が強い
・口周りの筋肉の緊張がない
・舌の位置が正しくない、下がっている
などです。
お口は歯や口唇、舌、口周りの筋肉といった様々の機能が合わさり、
正しく機能することでようやく正しく発育します。
この機能をきちんと改善しておかないと、せっかく並んだ歯並びも
後戻りの可能性が高くなったり、歯列不正につながる可能性が高くなります。

最近では口周りの筋肉の状態や舌の位置を正しい位置(低舌位から挙上)へと
誘導する小児用のマウスピースのような装置もあります。

大人になってからの矯正治療も可能ですが、骨の完成前に適切な治療を
行った方が治療期間も短く、患者様自身の負担も小さくすみますので、
気になることがありましたら、気軽にお声がけください。


口呼吸はキケンがいっぱい!

 

こんにちは。院長の谷田です。
暑い夏が終わるとやってくる食欲の秋。
ぶどう、マツタケ、栗、サンマと
秋は収穫を迎える食材も多く
食べものがおいしい季節でもありますね!

 

ですが、

 

そんな「秋の味覚」を楽しめなくなるかもしれない
『悪習慣』があります。

 

 

旬の食材が増える実りの秋に備えて、
今回は味覚障害のリスクを高めてしまう
「口呼吸」についてお話させていただきます。

 

 

 

 

◆口呼吸と鼻呼吸の違いとは?

 

普段、私たちが無意識のうちに行っている呼吸法には
・口呼吸
・鼻呼吸
の2種類があります。

 

 

基本的に、哺乳類が行う正しい呼吸法は
鼻から吸って鼻から吐く『鼻呼吸』で、
口呼吸を行うのは人間だけです。

 

犬が「ハアハア」と
口で息しているのを見たことがあるかもしれませんが、
あれは『パンティング』といって、
汗をかけない代わりに
体温を下げようとするときなどに見られる行動。

 

酸素はほとんど肺に送られていないようで、
正常な状態であれば、やはり鼻呼吸を行っているのです。

 

人間が口呼吸を獲得したのは、
言語を発するようになった影響だといわれています。

 

 

しかし、
口呼吸はあまり良い呼吸法とは言えません。

 

口呼吸をしていると冷たく乾いた空気とともに、
細菌やウイルスなどの異物が直接肺に入ってしまうため、
鼻呼吸に比べて、病気にかかりやすくなります。

 

 

 

 

 

◆口呼吸はむし歯や歯周病の原因に…

 

口呼吸による影響は、それだけではありません。

 

 

本来、お口の中の「だ液」は、
細菌や汚れを常に洗い流してくれています。

 

しかし、
口呼吸を続けていると
だ液が少なくなり乾燥状態に。

 

それによって
むし歯や歯周病の原因菌が
繁殖しやすく
なります。

 

 

むし歯が進行すれば、
ズキズキとした耐えがたい痛み
に襲われますし、
むし歯が神経に達すると神経の治療も必要になります。

 

また、歯周病は気づかないうちに進行しやすく、
放置していると
歯が抜け落ちるほど重症化してしまうことも…。

 

 

 

 

◆口呼吸による、さらなる悪影響

 

口呼吸による影響は、他にもたくさんあります。

 

・口臭の原因になる
・歯並びが悪くなる
・味覚障害を引き起こす
・いびきや睡眠時無呼吸症候群の原因になる

 

このように様々なトラブルを招くため、
口呼吸をしている方は、
ぜひとも鼻呼吸に改善していきましょう。

 

 

 

 

◆「あいうべ体操」で脱!口呼吸

 

それでは、実際に口呼吸を改善するためには
どうすればよいのでしょうか?

 

専門の治療を受けたり、
矯正器具を使うといった方法もありますが
まずはご自宅でも簡単にできる
「あいうべ体操」をご紹介したいと思います。

 

1.「あー」と口を大きく開く
2.「いー」と口を大きく横に開く
3.「うー」と唇をとがらせ、口を強く前に突き出す
4.「ベー」と舌を突き出し、下に向けて伸ばす

1~4を1セットとし、
毎食後に10セット繰り返します

 

 

 

 

舌や口周りの筋肉を鍛えることで、
口が不意に開くことを防ぎ、口呼吸の改善の他、
いびきや誤嚥(ごえん)の予防効果も期待できます。

 

ぜひ毎日の習慣にしてみてくださいね。

 

 

タニダ歯科医院
〒669-1133 兵庫県西宮市東山台1-10-5
TEL:0797-61-2000
URL:https://www.tanidashika.jp/
Googleマップ:https://g.page/r/CUn1zmeIAnWtEAE


歯周病

こんにちは、歯科医師の池田です。

よくコマーシャルなどで

歯周病という言葉を聞くと思いますが、

実際どんな病気なのかを今回は載せようと思います。

 

歯周病は実は30歳以上の成人の約80%が

かかっているといわれるメジャーな病気になります。

 

お口のなかにはおよそ400〜700種類の

細菌がすんでいます。

これらの細菌は普段あまり悪いことをしませんが、

ブラッシングが充分でなかったり、

磨き残しが多かったり、砂糖を過剰に摂取すると

細菌がネバネバした物質を作り出し、

歯の表面にくっつきます。

これを歯垢(プラーク)といいます。

粘着性が高くうがいをした程度では落ちません。

このプラーク1mgの中には、

およそ10億個の細菌が住み着いているといわれ、

虫歯や歯周病を引き起こします。

その中でも歯周病を引き起こす細菌が

多く存在しているといわれています。

歯垢は取り除かなければ硬くなり、

歯石といわれる物質に変化し、歯の表面に強固に付着します。

これはブラッシングだけでは取り除くことができません。

この歯石の中や周囲に細菌が入り込み、

歯周病を進行させる毒素を出し続けていきます。

 

 

歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、

そこに多くの細菌が停滞し、歯肉の辺縁が

炎症を起こして赤くなったり、腫れたりしますが

痛みはほとんどの場合ありません。

痛みがほとんどないため、知らない間に

症状が進行していくことがよくあります。

さらに進行すると膿が出たり、歯が動揺してきて、

痛みが出てくるため咬むことが難しくなります。

 

歯周病とは、

この細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患で、

歯の周りの歯肉や、歯を支える骨などが溶けてしまう病気です。

そして、結果的に歯を失う原因となります。

 

 

健康な歯肉は、薄いピンク色をしています。

歯と歯の間に歯肉が入り込んで弾力がある。

また、歯肉が引き締まってブラッシングで

歯肉のきわを掃除しても出血しない状態です。

歯肉炎(歯周病の初期)の歯肉は、赤色の歯肉をしています。
歯と歯の間の歯肉が丸みを帯びて膨らんでいます。
また歯肉のきわをブラッシングすると出血がみられます。
腫れた歯と歯肉との間に歯垢が溜まり悪化していきます。

歯周炎(歯周病の中度から重度)の歯肉は、

赤紫色の歯肉をしています。
歯と接している歯肉がさらに腫れていきます。
また歯肉のきわのブラッシングで出血や膿が

出てくるようになります。
歯と歯の間に食べ物もよく詰まるようになります。

 

歯周病は、予防でき治療も可能です。
大切なのは予防、診断、治療、そしてメンテナンスです。
歯周病の原因は歯垢なので、

歯垢をためない、増やさないことが大切です。

主な治療法は、
正しい歯ブラシの方法で毎日ブラッシングを行い、

歯の表面わ歯垢のない清潔な状態にして

おくことが何より大切なことです。

そしてオフィスクリーニングで

歯肉の中まで入っている歯石を完全に取り除き

さらに歯の根の表面を滑らかにして

歯肉の炎症を引き起こす細菌を徹底的に除去することです。
口腔内の健康の保持のため歯科衛生士による

専門的なクリーニングなどのメインテナンスを定期的に行い、

口腔内の細菌量の管理が必要になります。

歯周病は初期状態のうちに治療を行うことで

骨を減らすリスクが軽減されます。
健診で歯肉の状態を確認することができるので、

もし不安があるようなら相談してみてください。

 

 


「歯を守るための力のコントロール Ⅴ」

こんにちは、歯科医師の武田です。

「歯を守るための力のコントロール」について数回にわけて

お話しさせていただいております。

どうぞよろしくお願いします。

 

今回は、補綴物を作る際に

歯を守るために考えていることをご説明します。

 

◆ スチュアートグルーブ

 

上顎第一大臼歯の中心窩から平衡側へ抜ける、

最も大きな咬頭である近心口蓋咬頭の内斜面がたびたび、

ファセットでピカピカ光っているのを見たことがあるかと思います。

それは、対合歯の下顎第一大臼歯の遠心頬側咬頭の内斜面との間で、

平衡側の干渉を起こしているためなのです。

そこでワックスアップの際、最初から干渉が出ないように

斜走隆線に沿って、中央窩から咬頭頂に向かって溝を形成し、

非作業側運動時に咬頭頂が通り抜けやすいようにしたのが

スチュワートグルーブです。

天然の歯は素晴らしい機能を持っていますが、

スチュワートグルーブはありません。

補綴物を作る際に、歯を守るための技のひとつです。

 

スチュアート咬合器を作った事でも有名な

アメリカ・ナソロジーの大家

チャールス・E・スチュワート先生が唱えた溝です。

 

◆ トーマスノッチ

 

トーマスノッチとは、元来これも天然歯には存在しないものです。

咬合面を形作る方法としての基礎的考え方である

『ワックスコーンテクニック』

これはナソロジーの大御所であるピーター・K・トーマスが、

オーラルリハビリテーションの際に行うワックスアップの

テクニックとして世界中に広めたものだとして知られています。

このワックスアップの際に付与する形態です。

ただ、その元になったのは1950年代にナソロジーの始祖である

エベリット・V・ペインが

人の歯の発生の順序に従って形態を作っていく

ワックスアデッドテクニックがオリジナルです。

すなわち、1) 咬頭頂 2) 辺縁隆線 3) 中央隆線

4) 三角隆線 5) 発育溝 6) 福溝 7) 副隆線

8) 窩 の8要素を発育順序に従ってワックスアップして行く方法です。

これを後にピーター・K・トーマスがワックスコーンテクニックとして

世界中に広め、ナソロジーのワックスアップの手法として使われました。

 

このワックスアップの手法はオルガニックオクルージョンとして

合理的な咬合の与え方があります。

 

上下の歯の接触形態は1歯対1歯の咬合を与える事と

天然歯には無い2つの特徴の一つとして前述のスチュアートグループがあり、

もう一つ、ピーター・K・トーマスが付与形態として与えているのが、

『トーマスノッチ』です。

 

これは上顎第一小臼歯のスタンプカスプは中心咬合位で

下顎第一小臼歯の遠心窩に入りますが、

この時上顎第一小臼歯の頬側三角隆線が接触しています。

この時作業側の運動で干渉する事が多く

上顎第一小臼歯を動揺させてしまう危険がある為

あらかじめ下顎第一小臼歯の遠心斜面にV字状のノッチを彫り込んでおき、

そこから僅かに頬側に溝を彫り込んでおきます。

 

このように、作業側でスムーズに離して負荷を和らげる事を

目的にしているテクニックが『トーマスノッチ』です。

 

何にしても歯を守る為には中心咬合位では臼歯が接触し、

一旦顎が動けば前歯が誘導する事が重要なのです。

 

 

大学を卒業して間もないころ(数十年前になりますが…)

熟読した、ナソロジーの歴史から、咬合接触点とその運動路など

非常に分かりやすく解説してあり、かみ合わせを考える

基礎的知識を得られ、いまだに引用されることも多い

本があるのですが、すでに廃版となっております。

余談ですが、昨今の傾向として

「良書 = 売れる本」ではないことを痛感します。

歯科に限らずですが。

「書物復権」提唱人みすず書房社長、小熊勇次様に感謝し

少しでも多くの良書が復刊されることを願っております。

お気に入りのひとつです。

 

 

歯の健康、美しさを保つには、

定期的なクリーニングがとても大切です

ぜひタニダ歯科クリニックで定期健診を。

ご来院お待ちしております。

 


歯周病は〇〇病のリスクを上げる