歯科用CT診断装置-西宮市の歯医者はタニダ歯科医院|歯科治療、歯周病治療、インプラント

西宮市の歯医者│タニダ歯科医院患者さまの立場に立った治療。西宮市の歯科・歯医者なら当医院へ。

【診療時間】月火木金9:00~12:30/15:00~19:30 土9:00~12:30/14:00~17:00
【休診日】水曜午後・日曜・祝日

歯科用CT診断装置

歯科用CT診断装置

2次元のレントゲンで見えないところを、3次元の3D画像をあらゆる角度から確認が可能です。CT撮影はすべての患者様に必要なものではないので2次元のレントゲン撮影が中心ですが、3次元の撮影が必要な患者様にはお撮りいただく予定です。

放射線量は胸部レントゲンの10分の1と非常に少ないです。患者様の負担を減らしつつ、より精度の高い診断と治療を行えるのが優れています。例えば、3D画像と2次元画像の両方が必要な場合、1回の撮影で両方撮影できるので、放射線量は1回分に抑えられます。

歯科用CTのメリット

  • 検査結果や術後の評価がその場で直ぐに分かる
  • 提携医院に行かずに当院で撮影が可能
  • 立体画像により治療のイメージが湧きやすくなる

次のような診断ができます。

インプラント治療

顎の骨に人工の歯根を埋め、その上に人口の被せ物を作る治療です。人工歯根を埋める部位の骨の状態(質、厚み、高さ、形態など)が確認できます。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯は、神経麻痺(下唇の知覚異常)などの後遺症がでるリスクのある処置です。そのため、術前にCT撮影し診断で神経の位置を確認すれば、神経麻痺の可能性が軽減できます。
また上顎では鼻の部屋と呼ばれる上顎洞(じょうがくどう)の距離を計測し、周囲の炎症有無、病巣の有無、大きさ及び位置を判断して治療に当たれます。