歯の寿命と身体の寿命の関係-西宮市の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

タニダ歯科医院ブログ

 

西宮市の「タニダ歯科医院」がお送りするブログです。

歯の寿命と身体の寿命の関係

 

あけましておめでとうございます。院長の谷田です。

 

お正月休みも終わり、
すでに学校やお仕事といった
日常生活に戻りはじめた方も多いかと思いますが
たくさん休んで、たくさん食べ、
元気になった体で
この一年を健康に過ごしましょう!

 

 

さて、そんなお正月といえば、
皆さんのご家庭で「おせち料理」はご用意されましたか?

 

おせち料理に使われる食材には、
それぞれに「おめでたい意味」や、
「縁起をかついだ長寿の願い」などが込められており、
昔から多くの人々が
健康に長生きできるように願っていた
というのがよくわかりますね。

 

 

ところで、
そんな「身体の寿命」とは別に、
「歯」には「歯の寿命」がある
というのはご存じでしょうか。

 

実は、私たち人間は
80歳を迎えるまでに
たくさんの歯を失ってしまう
ため、
生涯自分の歯だけで食事を楽しめる人は
ごくわずかなのです。

 

そこで今回は、
そんな「歯の寿命」と、
それを延ばすための方法について
ご紹介させていただきます。

 

 

 

 

◆歯を○○歳まで長生きさせよう!

 

歯の寿命は人間の寿命よりも短く、
皆さんの年齢や健康状態に関わらず
歯が抜け始めてしまう可能性はゼロではありません。

 

しかも、歯の本数が減ってしまうと、
日々の食生活はもちろん、
コミュニケーションや
運動能力にも影響が及ぶ
など、
身体にも様々な悪影響があらわれはじめます。

 

 

つまり、
歯の有無は全身の健康に関係するため、
皆さんの健康・寿命
歯の健康・寿命
異なるようで密接な繋がりがある
ということなのです。

 

 

このことから、
厚生労働省と日本歯科医師会は
とある目標を提唱しています。

 

 

ずばり、その目標とは
80歳まで20本の歯を残すこと
=8020(ハチマルニイマル)運動です!

 

 

 

 

 

◆「歯」が減れば「食べられるもの」も減る

 

私たちは日頃、
お肉やお餅のように歯ごたえのあるものや、
おせんべいのような硬いものなど、
実に様々な食べ物を口にします。

 

 

しかし、歯の本数が減ってしまうと
それらをうまく噛み砕けなくなってしまう
ため、
食べものが喉に詰まる原因になることも。

 

 

 

そう、これまで
「おいしく食べられた料理」が一転して、
「命を脅かす危険な食べもの」
変わってしまうのです。

 

 

 

 

◆豊かな人生は健康なお口から

 

日本人の平均寿命は
男女ともに80歳を超えるようになり、
これからも延び続けることが予想されています。

 

 

 

しかし、せっかく寿命が延びても、
その時間を豊かに過ごせなくては
もったいないと思いませんか?

 

つまり、身体だけではなく
歯をより多く残し、
お口の健康を保つことが
重要になってきます。

 

それには歯の喪失の原因…
「むし歯」「歯周病」などの
予防・早期発見・早期治療
必要不可欠です。

 

 

特に歯周病は、
別名「沈黙の病」と呼ばれるほど、
自覚症状の乏しい病気。

 

気づいた頃には重症化していることも
少なくありません。

 

 

そのためにも定期検診は欠かさずに、
何か気になることがあれば
すぐに相談するようにしましょう。

 

皆さまの歯と健康を守るために、
常に最善の診療を心がけて参りますので
2022年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

タニダ歯科医院
〒669-1133 兵庫県西宮市東山台1-10-5
TEL:0797-61-2000
URL:https://www.tanidashika.jp/
Googleマップ:https://g.page/r/CUn1zmeIAnWtEAE


噛むことの大切さ

明けましておめでとう御座います、
豊原です。
皆さま、2022年をどのように
お迎えになられましたか?
この冬は冬季オリンピックがあり、
今から楽しみですね!
本年もタニダ歯科を
どうぞよろしくお願い致します。

 さて、今回は噛むことの
大切さについて書きたいと思います。
よく噛むことは、
食べ物の消化を助けたり、
脳を刺激して発達を促したり、
病気の予防をしたり、
様々な効果をもたらします。
具体的にみていくと、
以下の効能が挙げられます。

①肥満防止
ゆっくりよく噛んで食べることで、
食べ過ぎを防ぎ、肥満防止につながります。
②味覚の発達
食べ物の形や固さを感じることができ、
味がよくわかるようになるなど
味覚が発達します。

③言葉の発達
口の周りの筋肉をよく使うことで、
あごの発達を助け、
表情が豊かになったり、
言葉の発音がきれいになったりします。

④脳の発達
脳に流れる血液の量が増えるので、
子供は脳が発達し、大人は
物忘れを予防することができます。

⑤歯の病気予防
よく噛むと、唾液がたくさん出ます。
唾液には食べ物のカスや細菌を
洗い流す作用もあり、むし歯や
歯肉炎の予防につながります。

⑥ガンの予防
唾液に含まれる
ペルオキシダーセという酵素が、
食品の発ガン性を抑えるので、
ガンの予防につながります。

⑦胃腸快調
消化を助け、食べ過ぎを防ぎます。
また胃腸の働きを活発にします。

 よく噛んで食べるためには、
急いで食べず、ゆっくりと味わって
食べましょう。
食べ物によって噛みごたえは違います。
噛みごたえのある食べ物は、
ひと口30回を目安によく噛んで
食べましょう。
十分噛まないうちに飲み物で
流しこんでしまう人がいますが、
飲み物で流し込んでしまうと、
食べたものが細かくならないうちに
胃に送られてしまうので
消化によくありません。
よく噛むと、食べ物が細かくなり、
自然に飲みこめるようになります。

 大臼歯は、ほとんどの
哺乳類において歯列の一番後方
(人間では小臼歯の後ろ)にある
臼の形をした歯です。
通常、食物を噛み砕き、
すりつぶす用途で使われます。
ヒトでは、永久歯は合わせて28本、
親知らずを入れて32本ありますが、
上下左右の大臼歯2本ずつ(計8本)を
失うと、残りが20本となります。
予防歯科学の研究でも、
20本以上歯があるとたいていのものを
噛むことができ、食生活を不自由なく
送れることがわかっていますが、
歯が19本以下になると、
噛めなくなるものの割合が
一気に高くなり、食生活に
不自由をきたす人の数が多くなります。
また、歯が19本以下の人は、
歯が20本以上ある人と比べて、
たんぱく質、ミネラル類、ビタミン類、
食物繊維の摂取量が少なく、
炭水化物の摂取が多くなることから、
摂取する栄養素に偏りが出てきます。
そのため、歯が19本以下の人は、
20本以上ある人に比べて健康維持に
必要な栄養素が不足して、
病気に罹患する割合が高くなることが
わかっています。奥歯を失うと、
噛み砕く能力が大きく低下し、
食べ物を細かくすりつぶすことが
できなくなります。ちゃんと噛めず
食べ物を飲み込むことになり、
結果的に消化器官に過度な負担を
かけてしまうことになります。
消化器官以上に
深刻な影響を受けるのが「脳」です。
奥歯を失うとボケやすくなるとの
報告もあります。まさに今迎えている
我々日本人の長寿社会は喜ばしいことですが、
どうせなら、頭もしっかり元気で
美味しいものを自分で食べれるのが
最高ですから、若いうちからしっかり
噛んで歯を磨き、奥歯をぜひ残してください。


睡眠不足は「アレ」が原因!?


お口の乾燥

こんにちは皆さん、
歯科医師の久貝です。

季節は12月・・・師走です

ドタバタと、慌ただしくなり、

「あぁ・・・
 今年も残りわずかだなぁ・・・」と、
実感できる季節となってきましたね。

これからは、クリスマス、大みそか、
お正月・・・と、大きなイベントが
一気に来ますが、皆さん元気で
やり過ごせていますか?

忙しいですから体力も減りますし・・・
その上に寒く、
乾燥もあるから喉を壊し易いし

そのため風邪・・・
特に去年から今年は
新型コロナウイルスの変異株が
流行っているし・・・

はぁ・・・やり過ごしにくい季節です。

こんな記事を読んでいる そこのアナタ・・・
ちゃんとウガイ、手洗いしていますか?

しっかり注意し、体調管理して下さいね

まぁ・・・僕はしっかりと
かかりましたがね・・・風邪に・・・

さて、先ほどチラッと挙げた乾燥ですが、

これが結構 危ないんですねぇ・・・
知ってます?

この季節よく患者様に言われるのが、

「お口の中がネバつくわぁ」

「最近、お口の口臭が気になって」

という、キーワードを言われます。
これも全部 乾燥が原因なんですね

この症状が進行すると、「虫歯」や、
「歯周病」が起こりやすくなってきます


・・・・なぜ?・・・・

と、思われる方も多いと思いますが、

唾液には
「お口の中を殺菌」する働きがあるのです

そのため、
口腔乾燥によりお口の中の唾液が
減少してしまうと、
口腔内の菌が繁殖しやすい環境に・・・

そうなると

「虫歯」、「歯周病」、「口臭」

などの、口腔内のトラブルに
発展し易くなってしまいます

また お歳を召された患者様では、
口腔内の乾燥が原因で食事を食べにくい、
「摂食・嚥下障害」を
引き起こす事もあります。

口腔内の乾燥により、
口唇・舌のひび割れから
強い疼痛を引き起こしたり

唾液量が減少するため、
食べ物を飲み込みにくい
嚥下障害を引き起こしたり

・・・・たかが乾燥・・・と思いますが、

結構重症な結果を引き起こします

これからの発展で、
僕らが最も恐れるのが

「誤嚥性肺炎」

です。聞いた事ありますか?
ご高齢の方の死因の上位に来るものです。

誤嚥性肺炎とは、
「本来なら胃へ流れるはずの食べ物や
唾液が、誤って気管や肺へ流れてしまい、
口の中の菌が肺の中に入り込み炎症を
起こしてしまう」

病気のことです。

口腔内乾燥症によって
口の中に細菌が増えた状態だと、
誤嚥により肺へ細菌が多く
入り込んでしまう
誤嚥性肺炎を引き起こし、
場合によっては死に至ってしまう
こともあります。

それでは、何故このような
症状が引き起こされるのか?

単純に空気が
乾燥しているだけでは無く、
要因は幾つかありますが、

①全身疾患由来なら

「糖尿病」、「シェーグレン症候群」、
「腎不全」、「更年期」

②また、一部服用する
薬剤によっても引き起こされ

「抗うつ剤」、「抗ヒスタミン剤」
「降圧剤」などがあります。
あくまで一部の薬剤ですが・・・

③その他の原因としては、

「加齢」、「ストレス」、
鼻づまりによる「口呼吸」

なども、原因の一つです。

それでは このような症状にたいして、
僕らはどの様な対処が出来るのか?

口腔内乾燥症は、
「病気が原因の場合には
その病気を治療することが
まず第一の対策」です。

また「薬の副作用が原因なら、
薬の種類の変更や減量などを
検討する」必要があります。

しかし
「生活習慣や加齢が原因」の場合、
すぐ根本的に解決することは難しいため、
「生活改善」、「対症療法」が大切です。

僕らの生活の中で
注意出来る対処方法として、

「こまめな水分補給」、「唾液腺マッサージ」

などが挙げられます。

ですが・・・唾液の分泌は、
自律神経が大きく関わっているため、

規則正しい生活を
心がけるだけでも
多少の変化はあるかもしれませんね

特にこの年末年始は、
忘年会や、大掃除、お正月・・・など

暴飲暴食を引き起こす、
甘い誘惑がたくさんありますからね

みなさん、この季節・年末年始を
無事過ごせる様に

体調管理をしっかりとし、
健康に過ごしましょう

また、定期健診や、
気になる事があるのならば、
 
是非ともタニダ歯科へご相談下さい。

ではでは、皆様方 よいお歳を。


インプラントシミュレーション

こんにちは。院長の谷田です。

 

空気が澄むようになり、夜空の星たちがよりきれいに見える

季節となりました。

寒い日が続きますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

 

 

今回は以前にも少し紹介しましたインプラント治療についての

お話しです。

 

 

 

インプラント治療は治療前のシミュレーション最も重要です。

シミュレーションが完了した時点で治療の7割以上が終了している

といっても過言ではありません。

 

 

 

当院では高性能な歯科用CTを使用し、状態をより正確に把握。

綿密な治療計画を立てます。

 

 

シミュレーションソフトはノーベルバイオケア社のソフトと

アイキャット用のソフトを使用しています。

 

解析したシミュレーション結果については患者さんにも

わかりやすく説明いたします。

 

 

当院では質の高い治療を提供するだけでなく、

患者さんにもご納得いただけるよう、これからも努めてまいります。

 

 

 

タニダ歯科医院
〒669-1133 兵庫県西宮市東山台1-10-5
TEL:0797-61-2000
URL:https://www.tanidashika.jp/
Googleマップ:https://g.page/r/CUn1zmeIAnWtEAE