味を感じる -西宮市の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

タニダ歯科医院ブログ

 

西宮市の「タニダ歯科医院」がお送りするブログです。

味を感じる 

時が経つのが早いような気がします。
もう、11月中旬。
今年もあと1か月強となりました。
朝晩の寒暖差もあり、体調を
整えるのが難しくなってきました。
歯科医師の川村です。
最近の楽しみは、食べること・・・。
食べるけど動かない・・・、
いけませんね。気をつけます。

人間には、五感というものを
持っています。
五感とは、動物やヒトが外界を
感知するための多種類の感覚機能のうち、
古来の分類による5種類、すなわち
視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚を指します。
この五感という分類の仕方は、もともとは
古代ギリシャのアリストテレスによる
分類に端を発しています。
実際のヒトの感覚は、5つ以上ありますが、
かなり難しくなりますので、一般的
にはこの分類が使われているように思います。

今回はその中にある、味覚に関して
書こうと思います。

§1 味覚ってどんなものがあるの?

ヒトの味覚には、
甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の
「五大基本味」があります。
その中でうま味に関しては、
日本人が発見したと言われています。
昆布の煮汁からグルタミン酸を発見して
「うま味」と名付け、特許登録されました。
世界的にも「UMAMI」として知られています。

§2 味覚どこで感じるの?

味覚という大役は、舌の表面の味蕾が
その役の大部分を担っています。
味蕾の数は、乳児期には約1万個。
頬の内側や唇にも味蕾が存在しています。
それに対して、成人になると
7,500個ほどに減少してしまうと言われています。
赤ちゃんは大人よりも微妙な味の違いが
感じやすい、ということになります。
ほんの少しの異物も体の中に入れないよう、
赤ちゃんに備わった力なのかもしれません。

(※驚異的な数の味蕾を持っている生き物がいます。
それは、ナマズ。
ナマズは、ウロコがなく、全身が約17万個もの
味蕾で覆われていています。
濁った水の中でエサを感知するために
発達したと考えられています)

味蕾という組織は、舌の中にある舌乳頭と
呼ばれる所に存在します。
口を大きく開けて舌を見てみます。
舌の表面、舌背があります。
舌には溝があり、細かい点があります。
この点は茸状乳頭、糸状乳頭です。
更に大口を開けて舌の奥をみますと、
ドーム型の膨らみがみられます。
有郭乳頭で7から12個ぐらい並んでいます。
舌側縁の奥には一見ポリープのような
凸凹があります。これが葉状乳頭です。
舌の中には、以上4つの乳頭が存在します。
ただ、その中で1つ、糸状乳頭には
味蕾が存在しません。

§3 味覚ってどんな働きをしているの?

①食べ物の味を感じ、食欲を刺激する。
②食べ物の味を弁別し、危険なものを
食べないようにする。
③唾液を分泌させる。
④消化液の分泌を促し、消化を促進する。
⑤生体に必要な成分を含んだ食べ物を
選択して摂取することを助ける。

§4 味覚が感じにくくなることって
あるの?

舌の前2/3:顔面神経(鼓索神経)
舌の後1/3:舌咽神経
軟口蓋:大錐体神経
という神経で支配されています。
つまり、これらの神経自身、あるいは
これらの神経の中枢になんらかの異常が
生じると味覚異常が生じ、味覚低下が
認められることとなります。
また、ほとんどの味覚異常は末梢性で、
味の伝達を行う味蕾の減少・萎縮、
唾液分泌の低下、さらには唾液中の
非生理的物質が排泄され、それが異常な
味物質として働くことにより生じます。
味覚異常の原因にはいくつかあります。
乳頭の萎縮・消失……生理的(加齢的)、
貧血などによる
唾液分泌の低下……加齢、シェーグレン症候群
などによる唾液中の非生理物質の排泄
カンジダ症
医原性の味覚低下……がん治療(放射線、抗がん剤)に
より、唾液腺機能が障害され分泌低下、
舌乳頭が萎縮することによる

亜鉛の不足……食物中の亜鉛と薬剤がキレートをつくり、
亜鉛の吸収が障害され、味蕾細胞の若返りが
障害されることによる
降圧剤、トランキライザー、抗生物質、
抗アレルギー剤等による薬剤の作用
歯周病
特発性、心因性
体感異常症(セネストパチー)
などがあり、様々な要因で起こります。
それぞれの原因に合わせて治療をする必要が
ありますので、気になることは一度相談して
みてください。
必要に応じて、専門医に紹介が必要な場合もあります


「安全に美味しく〜食形態について〜」

こんにちは。歯科医師の村重です。
今年は10月に入っても暑い日が続くと思ったら急にグッと
気温が落ちたりと、寒暖差の激しい秋の日が続きますが、
皆様是非とも体調にはお気をつけて過ごしていただければと
思います。
さて、今日の内容ですが当院のブログでも度々登場する
摂食・嚥下について、その中でも「食形態」というものに
フォーカスして2回に分けてお話ししようと思います。
高齢者施設や障がい者施設、病院などでは利用者や高齢者の
一人一人の状態に合わせて、食事の形態を変えています。
食事は安全で美味しく食べられることが基本です。
そのため体の機能の低下や状態に伴い、食事の形態によっても
食べやすさが変わってきます。
例えば歯が抜け落ちたり、義歯によって食べ物が噛みにくい方、
唾液の分泌量の減少や脳卒中などで脳神経障害が起こった方は
飲み込みにくくなり、むせ込みやすい方もいます。
食事による誤嚥や窒息状態を防ぐためにも、食形態は大切です。
さらに食べにくい状態や食事に対して不安感を抱いてしまうと、
徐々に食事量が減ってきてしまい、体に必要な栄養素が補いきれなく
なってしまいます。
今年摂食・嚥下リハビリテーション学会の嚥下調整食分類が新しくなりましたが、
少し専門的になるので、一般的に理解しやすい分類を紹介します。

①常食
常食とは、健康な人が普段日常生活で食べているような食事のことです。
主食はご飯で、主菜や副菜は普通の形状のままです。
うどんなどの麺やパンも食べられます。
揚げ物をはじめ、繊維質のある食材も使用できます。
摂食、嚥下、消化吸収が正常な方用の食事です。

②軟飯(菜)食
軟飯(菜)食の主食は、柔らかいご飯やお粥です。
うどんは麺を常食よりも柔らかくし、5~6cmにカットします。
また、揚げ物など油が多いメニューを控え、柔らかく煮る、
蒸すなど油を控えた消化の良い食事です。
使用する食材も繊維質であるごぼうやたけのこや固い食材は控えます。
胃腸が弱い方、咀嚼(そしゃく)機能が低下した方向けの食事です。

③きざみ食
きざみ食は、食べ物を約5mm~1cmほどに刻んで食べやすくし、
咀嚼(そしゃく)機能が低下した方が食べやすいようにした食事です。
次回はこの続きとしてミキサー食以降のお話をさせていただこうと思います。

上の写真は2019年の摂食・嚥下リハビリテーション学会に
参加したときのものです。
介護食のコーナーにはたくさんの企業のブースがあり、
吉野家など、私達の生活に馴染みのある名前もいくつか見受けられました。
介護食が安全なだけでなく、味でも常食に近づくことができれば喜ばしいですね。


新米パパ・ママ必見!妊娠中に増えるお口のトラブル

 

こんにちは。院長の谷田です。
11月23日は年内最後の祝日、
「勤労感謝の日」ですね。

 

文字からすると
「働く人に感謝する日」だと思われがちですが、
実はそれは少し違います。

 

 

この日は

勤労を尊び、
生産を祝い、
国民がたがいに感謝しあう日

つまり、
「『働くこと』そのものに感謝する日」なんですね。

 

 

今年最後の祝日を、
日頃がんばっているご家族や自分へのご褒美として
ゆっくり過ごしてみるのはいかがでしょうか。

 

 

 

さて、そんな「勤労」といえば、
近ごろは男女関係なく仕事をしている人が多く、
なかには、妊娠中でも働くお母さんもいらっしゃいます。

 

 

しかし、妊娠中の身体には様々な変化が起こるため、
今までのようにいかないこともたくさんあります。

 

そしてそれはお口の中でも同じ。

 

皆さんも、
「妊婦さんは、むし歯や歯周病になりやすい」
といった話を聞いたことはないでしょうか?

 

 

今回はそんな妊娠中に増える、
お口のトラブルについてご紹介します。

 

 

 

◆妊娠中はお口のトラブルの悪循環に注意!!

 

妊娠すると女性ホルモンが増加します。
実は、歯周病を引き起こす歯周病菌の中には
「女性ホルモンによって活発化」するものがあり、
歯周病のリスクが増大します。

 

すると、歯ぐきに腫れ出血がみられるようになり
さらに、お口の中がネバネバするなど
不快な状態になることが少なくありません。

 

 

また、ホルモンバランスが乱れると
「妊娠性エプーリス」という病気になり
歯ぐきに「できもの」ができることもあります。

 

 

 

これらはいずれも、
「痛み」「出血」を伴うため、
歯みがきしづらくなります。

 

すると、
お口の細菌がどんどん増えることになり、
歯周病がさらに進行して、
もっと腫れや出血がひどくなる…。

 

こうした悪循環になってしまうのです。

 

もちろん、細菌が増えれば歯周病だけでなく
むし歯の危険性も高まります。

 

 

 

 

◆母体だけじゃない!
歯周病は赤ちゃんにも影響が…

 

さらに、歯周病はお口の中のトラブルに留まらず、
赤ちゃんにも影響を及ぼします。

 

歯周病はお口の中だけでなく、血管内に細菌が入り込んで
全身に影響を及ぼします。

 

実は、妊娠中に歯周病になると
「低体重児・早産のリスク」が高くなる
ということが明らかになっているのです。

 

 

 

 

日々の歯みがきは、歯周病予防の基本!

 

ですが、
妊娠中はつわりがひどいと
歯みがきが難しいこともあります。

 

 

そんな時は、
・歯みがき粉の味を変える
・洗口液を使う

それも難しければ、
うがいをするだけでもいいので、
お腹の赤ちゃんを守るためにも
お口を可能な限り清潔に保つように
心がけてみてください。

 

 

 

 

 

◆妊娠中でも治療はできる?

 

妊娠中の歯科治療というと、
赤ちゃんへの影響を気にして
治療をためらうお母さんもいらっしゃいます。

 

しかし、病気を放置していると
お母さんのストレスが増えたり、
低体重児・早産のリスクが高まったりして、
かえって悪影響を与えることも。

 

そのため、しっかり治療するほうが
赤ちゃんにとってもお母さんにとっても、
確実にメリットがあります。

 

 

安定期に入れば、
ほとんどの治療を受けていただくことができますし、
麻酔やレントゲンなども
胎児にほぼ影響はありません。

 

 

 

また、安心してお産に臨めるよう、
妊娠初期と安定期には
歯科検診を受けましょう。

 

 

心配事などのストレスは溜め込まないように、
気になることがあればいつでもご質問ください。

 

 

タニダ歯科医院
〒669-1133 兵庫県西宮市東山台1-10-5
TEL:0797-61-2000
URL:https://www.tanidashika.jp/
Googleマップ:https://g.page/r/CUn1zmeIAnWtEAE


口腔ケアってなに?

こんにちは。往診担当の歯科医師の西田です。
この頃めっきり寒くなってきました。
秋の深まりを体感しながら、気がつくと、
炬燵やミカンが輝いて見える季節が到来していそうですね。
さて、今日のお題は‘’口腔ケア‘’です。
通常、訪問診療のご依頼を受けて、患者さまのご自宅や施設に伺い、
診察後に患者さま・ご家族さまに、治療計画についてお話しをさせていただきます。
その時に歯科医師が行う治療の他に、歯科衛生士が行う口腔ケアも、
おすすめをさせていただいております。口腔ケアってそんなに良いもの??
と思われた方もいらっしゃるかもしれません。
以下に、おすすめする理由をご説明します。

ご高齢の方の中には手の不自由な方、寝たきりの方も多く、

ご自分での歯磨きは困難を極めます。

お口の中に汚れが蓄積した状態は、歯や歯茎や粘膜を傷め、

新たな虫歯の発生や、歯が抜けて入れ歯が使えなくなる原因、

慢性的な歯茎の腫れや痛みの原因、口内炎の原因などになります。

口腔ケアでは、患者さま一人一人のお口の状況に合わせた歯ブラシや歯間ブラシ、

スポンジブラシ、時には機械なども使い、丁寧に汚れを取っていきます。


そして、ご高齢の方が特にかかりやすい誤嚥性肺炎は、

お口の中の細菌が唾液や食べ物と一緒に気管などに入ることでおこる肺炎です。

口腔ケアでは、その原因となる細菌や汚れを取り去って綺麗にします。

また、飲み込みに関係する筋肉をマッサージすることにより、

筋肉のリハビリを行い、飲み込みの機能の改善を図るため、

誤嚥性肺炎の予防にもつながります。


口腔ケアによって食べ物を噛んだり飲み込んだりすることができるようになると、

体力や体の抵抗力がつき、全身の健康状態が良くなります。

さらに、ご家族や親しい仲間とのお食事や会話は、

脳への血流アップにつながり、脳の働きを活発にします。

何かにチャレンジしようという意欲も出てくるので、

閉じこもりや認知症の予防にもなります。
口腔ケアは、お口の中を清潔にするだけではなく、お口の機能を維持・改善し、

全身的な感染症を防ぐ、歯科訪問診療の重要な分野なのです。
口腔ケアの主な効果、まとめますと、
・お口の中を清潔に保って細菌の増殖を防ぐ。
・体力や体の抵抗力をつける。
・唇や頬、舌の動きを良くする。
・会話などのコミュニケーションを良くする。
・唾液の分泌を促し、お口の中の乾燥を防ぐ。
・誤嚥性肺炎など全身的な感染症を防ぐ。
・味覚を保ち、食欲を増進させる。
・閉じこもりや認知症を防ぐ。

最近の研究では、お口の中の細菌と認知症の関係も明らかになってきています。

脳と血管の間には脳血管関門というバリアがあり、

有害な物質が脳に入ってくるのを防いでいます。

ある種の歯周病菌の感染で炎症が起きると、

認知症の発症に関わるアミロイドβという物質ができます。

この有害物質が血液中に入ると、

脳血管のバリアを通過して脳内に入り込み、蓄積されるのだそうです。

認知症の予防に口腔ケアは欠かせないですね。


舌ってすごい!

こんにちは。歯科医師の今泉です。

歯医者といえば歯と歯肉をみてもらうイメージだと

思いますが、舌もみています。

実は舌にはたくさんの役割があります。

今回は舌の役割について説明します。

 

A味覚

舌の表面には味細胞の集まりである味蕾(みらい)と呼ばれる、

味覚を感じるセンサーがあります。

 

甘味・苦味・塩味・酸味などを感じることができます。

これらの味が複雑に混じり合い、人はおいしさ

楽しむことができます。

 

味蕾は頬の内側や唇にもありますが、大部分が舌にあります。

 

舌上面(舌背)の表面には、舌乳頭(ぜつにゅうとう)と呼ばれる

ざらざらした小さな突起が多数存在します。

実際に味を感知する器官である味蕾(みらい)は、

この舌乳頭の部分に集まっています。

 

舌乳頭には以下の4種類になります。

 

有郭乳頭(ゆうかくにゅうとう)

周囲が凹んだ溝に囲まれ、ちょうどお堀に囲まれた城郭のような

形の円台状の舌乳頭で、舌の付け根(舌根)付近だけに、

10個程度存在します。有郭乳頭の突起の側面には、

一個の突起あたり数百から千個という、多数の味蕾が存在しており、

溝の部分に溜まった液(唾液などの分泌液や食餌由来の液体)に

溶け込んだ味覚物質を感知します。溝にはエブネル腺という分泌腺が

存在しており、そこからの分泌液によって溝の中身は洗い流され、

味覚物質がいつまでも留まりつづけることがないようになっています。

 

葉状乳頭(ようじょうにゅうとう)

ひだ状の形態を持つ舌乳頭で、舌のふちの部分(舌縁)のうち、

付け根に近い部分にだけ存在します。葉状乳頭も突起の側面に

味蕾を持ちますが、その数は有郭乳頭より遥かに少なく、

一個の突起あたり十数個です。葉状乳頭のひだの底にも

エブネル腺が存在し、そこからの分泌液で洗い流されています。

 

糸状乳頭(しじょうにゅうとう)

細くて角質化した先端を持つ舌乳頭で、肉眼で舌を見たときに

白いポツポツとして見える突起です。舌上面の全体にわたって存在します。

糸状乳頭には味蕾は存在せず、基本的な味の感知には関係しません。

糸状乳頭は、舌の「ざらざら」の正体で、食べ物を舐めたとき、

ヤスリのようにこそぎ取る役割を担っています。

 

茸状乳頭(じょうじょうにゅうとう)

糸状乳頭に似ていますが、角質化しておらず、肉眼では

血管が透けて、先端が赤く見えます。糸状乳頭と同様に

舌上面の全体にわたって存在しますが、特に舌先側の表面に

集中しています。茸状乳頭の先端には通常、1〜数個の味蕾が

存在しますが、これが失われた、味蕾を持たないものもしばしば

見られます。

 

 

味蕾の数は乳幼児で約1万個、成人になるにつれて

約7500個まで減少すると言われています。

B咀嚼と嚥下

 

食べ物を咀嚼する時、舌は食べ物を歯と歯の間に移動させ、

歯で食ベ物を噛み砕く時には舌で食べ物を固定します。

そしてかみ砕かれた食べ物を集め、反対側の歯に食べ物を

移動させ、再度咀嚼させます。

 

食べ物が飲み込めるほど十分細かくなると、舌は食べ物を集めて

咽頭に送り込みます。咽頭から食道へ食べ物を送り込むために、

舌で押し込む筋力が必要になります。

 

咀嚼・嚥下をしやすくするために、食べ物と唾液を

混ぜ合わせるのも舌の役割です。

 

しかし舌の機能が低下すると、食べ物が上手に

食べれなくなってしまいます。これが咀嚼・嚥下機能障害です。

 

C歯並び

 

舌の存在はきれいな歯の並びにもかかわってきます。

舌が特定の歯を押してしまう癖や舌が左右どちらかに

偏ることが続くと歯並びが乱れてしまうことがあります。

 

D発音

 

私たちが発する言葉にも舌が深く関わっています。

言葉の発声は、肺から押し出される空気が声道を通るとき、

普段は開いている声帯が狭まることにより空気が振動し、

口の中の共鳴によって様々な音に変化させてつくられます。

この時、舌は柔軟に動き、異なった音を発する手助けをしています。

 

 

このように舌は、食事・会話・見た目などに密に関わっており

生活するうえでとても重要な器官です。

 

舌に問題を感じる場合は早めの受診をお勧めします。