「8020運動」-西宮市の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

タニダ歯科医院ブログ

 

西宮市の「タニダ歯科医院」がお送りするブログです。

「8020運動」

皆さんこんにちは、歯科医師の久貝です。

 

そろそろ暑さが和らいで、過ごし易い季節になってきましたが、

どの様にお過ごしでしょうか?

コロナもずっと続く中ですが、みなさん健康に過ごせていますか?

この2年くらいはコロナの影響もあり、外出を控えている患者様も実際に多いです。

なので「痛くなったから、見てほしい」と言って、

2年ぶりに来院される患者様が、ここ最近に見られます。

でも、ここで痛感されるのが

「やっぱり定期健診は大事だなぁ!!」

と言うことです。

皆さん、「8020運動」って聞いた事ありますか?

「80歳までに20本の歯を残しましょう!!」

という運動なのですが

実際の統計データとしては、

 

○健診に行っている人:「平均15,7本」

 

○痛いときにだけ治療を受ける人:「平均6,8本」

 

との事でした。

これだけ差が生まれると思うと、やっぱり大事ですね。

また、年齢を経て「人生においての後悔」で上位にある項目が

「歯を失ったこと」だそうです

 

 

歯を失うと、人生の大きな楽しみである「食事の楽しみ」が失ってしまいます。

 

まぁ、中には「痛くないのになんで行かないとイケないの?」と言う方もおられます。

 

しかし、歯周病はご自身では気づかないうちに少しずつ進行していて、

 

自覚症状を感じた時点では悪化している事が多く、場合によっては抜歯になる事もあります。

 

定期健診では、ご自身では気づかない所に異常がないかをチェックし、

 

もし異常が発見されたら早期治療を行う事が出来ます。

 

しかし、僕が思うところの結論として言えるのは

 

「本人のやる気と、意識の問題なのかな?」と思います。

 

また、そのモチベーションを向上させるようにする、僕ら歯科医院の責任もあるのかな・・・

 

と思われます。

患者様でも、何かわからない事があれば遠慮なく聞いて下さい。

 

そのためにも、定期的な健診にて一緒に健康を保てるように、

頑張って行けたら良いなぁ・・・・と思います。

 

 

そうそう・・・ちょっと話しは変わりますが、

 

「皆さんの意識」で、気になったことを書いて良いですか?

 

この夏休みの経験を少しお話しさせて頂きます。

 

先日、沖縄に子供を連れて行った時のお話しです。

 

久しぶりにおじいちゃん、おばあちゃんと会って、遊んで、

 

空いた時間で海に遊びに行きました。

 

子供たちも数年ぶりの沖縄なので、おおはしゃぎです!!

 

1週間行ってましたが、5日間くらいは海で遊んでいました。

 

自分で言うのも何ですが、やっぱり沖縄の海は綺麗です!!

 

サイコーのバカンスを子供たちは過ごしていた事でしょう。

 

ビビるくらいに真っ黒になって、子供達も満足で兵庫に帰って来ました。

 

なんですが・・・・次の日に問題が起こりました・・・

 

帰ってきた次の日に、子供を連れて兵庫の海に行きました・・・

 

 

・・・が、まぁまぁビックリして声が出ませんでした。

 

「こんなにも汚れているものなのか!!」と

 

同じ海なのに、ゴミの山が半端なく

 

浜辺がゴミで埋め尽くされていました。

 

でもゴミの内容は、ほとんどが海に遊びに来た人達が捨てていった

 

バーベキューのカスであったり・・・タバコの吸い殻、浮き袋、弁当の殻・・・・

 

その他モロモロ・・・・

 

本当につくづく感じました。

 

全てがこれを行う人々の「意識」の問題なのだな・・・と

 

おそらく、コレをやる人は

 

「これくらいは良いじゃん」

 

「俺くらいは大丈夫だろ」

 

って、軽い気持ちでやっていると思いますが、

 

それが「チリも積もれば山となる」ではありませんが、

 

全員がやればコレだけのゴミの山になるのだ

 

みんなが意識をもってやって欲しいです。

 

みんなの海なので、綺麗にして欲しいものです


5人に1人がかかる!?エナメル質形成不全

 

 

こんにちは。院長の谷田です。

秋はお月見シーズン!
9月は1年で最も美しいと言われる、
「中秋の名月」も空に昇ります。

月を眺めながらお団子をいただくというのも、
なかなか風情がありますよね。

 

さて、夜空に輝く月は美しいものですが、
歯も白く輝いていると
口もとが美しく見えませんか?

歯が白く見えるのは、
エナメル質という組織があるからです。

 

しかし、このエナメル質が
正常に形成されない事があります。

 

 

 

 

◆エナメル質の役割

 

歯はエナメル質・象牙質・セメント質という
3つの層からできています。

そのうちエナメル質は
人間の体の中で最も硬い組織
です。

 

歯の一番外側にあり、
熱いものや冷たいもの、酸性の食品などが
敏感な象牙質に触れないように
刺激やむし歯から歯を守っています。

歯に白い輝きを生み出しているのも、
このエナメル質のおかげです。

 

 

 

 

 

◆そんなエナメル質が「もろく」なる?

 

ところが、大事なエナメル質が不完全な状態で
歯が生えてくることがあります。

 

歯の表面に
ボソボソとした「白いまだら」が生じたり、
むし歯でもないのに、歯の一部が
茶色や黄色に変色したりしていた場合は、
『エナメル質形成不全』の疑いがあります。

 

また、重度の場合
歯の表面がデコボコしたり、
歯を覆うエナメル質が無いため、
象牙質がむき出しになったりしてしまいます。

 

 

 

 

しかも、エナメル質形成不全の症状がある歯は
見た目の変化だけでなく、
通常の歯よりもむし歯になりやすい
という特徴もあります。

 

エナメル質形成不全の発症しやすい箇所は
奥歯(第一大臼歯)と前歯です。

 

特に奥歯は汚れが溜まりやすく、
むし歯になりやすい
ため十分注意が必要です。

 

 

 

 

◆子どもの5人に1人が発症!?

 

日本小児歯科学会が
7歳から9歳の児童を対象に行った調査によると、
地域差はあるものの
およそ5人に1人がエナメル質形成不全
という結果が出ています。

 

エナメル質形成不全は決して珍しいものではなく、
思いのほか、高い頻度でかかり得る疾患なのです。

 

 

 

しかも、乳歯の場合、
もともとエナメル質が薄く、
むし歯になりやすい
のですが、
エナメル質形成不全の歯がむし歯になってしまうと
あっという間に
歯の神経まで進行してしまう
ため、
より一層注意が必要になります。

 

乳幼児検診や学校の歯科検診で
エナメル質形成不全と
診断されることもあるかもしれませんが、
その場合は必ず定期的に歯科に通い
チェックをしてもらうことが重要です。

 

そして、日頃からしっかりセルフケアもおこない、
お子さまの大切な歯を守っていきましょう。

 

 

 

タニダ歯科医院
〒669-1133 兵庫県西宮市東山台1-10-5
TEL:0797-61-2000
URL:https://www.tanidashika.jp/
Googleマップ:https://g.page/r/CUn1zmeIAnWtEAE


健康の概念

こんにちは。訪問歯科医師の村山です。
突然ですが「あなたは健康ですか?」と問われると、皆さま何と答えるでしょうか。

「疾病」または「異常」は、その多くが特定の器官や臓器
あるいは部位に存在するものであるのに対し、
「健康」は全身的な状態に対して述べられるところに特徴があります。
つまり、どこが良好だから「健康」であるというのではなく、
全体的にバランスがよくとれているかどうか、
しかもよく機能しているかどうかということであって、
あくまで「健康」は〈個〉として考える概念ということになります。
また一般的に「健康」と「疾病」は対立概念としてとらえられることが多いですが、
実際には「健康」と「疾病」の間には「半健康」「半病人」
「調子が悪い」「具合が悪い」などさまざまな中間状態が存在しており、
両者をはっきりと区別できないことの方が妥当ではあります。
つまり健康状態から徐々に「健康」が阻害され、それが高じて疾病状態(不健康)となり、
極端な場合には死に至る。このような極端な場合を除けば、
一般には再び回復して健康状態に戻るというのが普通です。
これが【健康の連続概念】というものです。

WHO(世界保健機関)は1946年、次のような健康の定義を発表しました。
『健康とは身体的、精神的、社会的に完全に良好な状態であって、
単に病気や病弱でないということではない。
到達しうる健康の最高の水準を享受することは、人種、宗教、政治的信条、
経済的、社会的状況にかかわらず万人の権利のひとつである。
政府はその国民の健康に対して責任があり、それは適切な健康上の、
そして社会的な方策を提供することによってのみ成就できる。』
と述べ、あらゆる状況下での人々が健康になりうる権利を有すること、
および国民の健康に対する政府の責任を明確にしています。
わが国では、憲法第25条において「すべての国民は健康で文化的な
最低限度の生活を営む権利を有する。国はすべての生活場面について社会福祉、
社会保障および公衆衛生の向上および増進に努めなければならない」と規定し、
国民の基本的人権のひとつとして“健康権・生存権”を保障しています。
健康とは、毎日の生活のための資源と見なされるものであって、
人生の目的とは異なります。また身体的能力だけでなく公衆衛生や
個人の保健への悪影響を緩和するような社会ならびに環境づくりに注目するものであり
保健分野のみならず社会経済分野を含む幅広い分野の協力と支援が重要となります。

 


親知らずQ&A


ノーベルバイオケアの新しいインプラント

こんにちは。院長の谷田です。

ノーベルバイオの新しいインプラントを当院でも使用しています。
新機能はXeal and TiUltra。

 

 

 

 

 

一言で言えば、歯肉などの軟組織や骨などの硬組織との結合が更に最適化されています。
インプラント本体で言えば、TiUltra構造になっています。

TiUltraは超親水性の陽極酸化表面インプラントでインプラントカラー部から先端まで段階的に異なる形状が付与されています。

インプラントの先端に向かって中等度に粗く多孔性になることによって、骨との結合がより強力になります。

今やインプラントはブリッジや義歯と比較して最も長期的に信頼できる治療法になっています。

当院でのインプラントの実績でも10年後のインプラントの残存率も99%を超えています。

安心してインプラント治療を検討していただければと思います。

 

 

タニダ歯科医院
〒669-1133 兵庫県西宮市東山台1-10-5
TEL:0797-61-2000
URL:https://www.tanidashika.jp/
Googleマップ:https://g.page/r/CUn1zmeIAnWtEAE