「 歯を守るための力のコントロール Ⅷ 」-西宮市の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

タニダ歯科医院ブログ

 

西宮市の「タニダ歯科医院」がお送りするブログです。

「 歯を守るための力のコントロール Ⅷ 」

こんにちは、歯科医師の武田です。

「歯を守るための力のコントロール」について数回にわけて

お話しさせていただいております。

どうぞよろしくお願いします。

 

◆ 有歯顎における前方ガイドの設定基準

 

アンテリアガイダンス設定の原則は残存組織保全の見地から

適正な力のコントロールを図り、力学的負荷を顎口腔系の局所

に集中することなく均等に配分させることである。すなわち、

左右の顎関節、咀嚼筋に対して力学的負荷を均等に配分し、

ガイドする部分にも力学的負荷を生じさせない構成が望ましい。

 

有歯顎で前方残存歯によりガイドが構成できる場合は、

可及的正中に近接した位置でのガイドとし、前方誘導は切歯誘導、

側方運動は犬歯誘導が有利である。

 

有歯顎における前方ガイドは、まず咬頭嵌合位で

上顎前歯舌面は下顎前歯切端部を緩斜面でうけとめることにより

上下顎前歯の歯根膜全体へ機能圧を分散できるように設定する。

よって切歯による前方ガイドの設定は、咬頭嵌合位から前方へ

300μmの自由域を与えることにより、急速閉口時に切歯が急斜面での

衝突を避けることが望ましい。その後は矢状顆路傾斜度と同程度の

角度で前方へ2.0~2.5mm程度ガイドする。その後口唇等と調和した

位置まで2段階でガイドさせて切端咬合位に至る。この上顎前歯切縁

の位置は、リップサポートの要素や機能的下口唇閉鎖路との機能的

に調和する位置、さらに微笑時の下唇の示すスマイリングラインに

対する審美的位置関係により決定し、切端部の適正な厚さを確保する

ために2段階でガイドさせる。咬頭嵌合位から前歯の切端咬合位までの

矢状切歯路傾斜度の平均値は、矢状顆路傾斜度の10度増し、あるいは

20%増しであり、従来からこれがアンテリアガイダンスを設定する基準

とされてきた。また、中切歯の垂直被蓋は、切端咬合位までの

前方ガイドであり、臼歯部を適正にディスクルージョンさせる目的で

3.0~5.0mmの範囲に設定するとされているが実際の臨床では、

上顎前歯切端の位置を口唇との審美性と機能性の要素を主体として

決定することになる。

 

Rudolf Slavicek 前歯誘導路角と矢状顆路傾斜角は同じ角度が理想

◆ 歯列と口唇の調和と前方ガイド

 

歯列と口唇は、審美性と機能性の両面で調和させなければならない

上唇との審美的調和では、上唇線から下方に露出する上顎前歯歯冠部唇面

の長さは前方の歯ほど長く、犬歯:側切歯、側切歯:中切歯の露出量の比率

を、大和比(1:1.414)や黄金比(ゴールデンプロポーション1:1.618)を

参考にして設定する。実際の臨床では約1:1.5として治療に組み込むことが

合理的であり、この基準を無視してはならない。上顎前歯切縁と尖頭を連ねた

線をスマイリングラインと呼ぶが、このスマイリングラインと下唇との調和は

下唇の微笑線であるスマイリングラインと平行に移行させることにより

上唇線との1:1.5の審美的比率を浮き立たせることができる。

 

正常被蓋の機能的下口唇閉鎖路は、閉口時に下口唇の口輪筋やオトガイ筋が

緊張することなく下唇のドライウェットラインよりも舌側のウェットゾーンで

上顎前歯切端をくぐりぬけて、わずかに上顎前歯唇面を上方へ移動し、

上顎前歯歯冠の切縁側1/3の位置で下唇が上唇と接触する過程をとる。

もし過大にオーバージェットを設定すると、上下の口唇が結ぶ際に上顎前歯は

下口唇閉鎖路を障害し、口唇の筋疲労が増大し常時オトガイに過緊張による

しわがよることになる。

 

Rudolf Slavicek 各個人の骨格パターンによって連続性をもって変化

 

歯の健康、美しさを保つには、

定期的なクリーニングがとても大切です

ぜひタニダ歯科クリニックで定期健診を。

ご来院お待ちしております。

 


味覚 

歯科医師の川村です。

最近は、食べ過ぎてお腹が成長してしまい、

痩せないと・・・と思っている今日この頃。

 

人間には、五感というものを持っています。

五感とは、動物やヒトが外界を感知するための多種類の感覚機能のうち、

古来の分類による5種類、すなわち視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚を指します。

この五感という分類の仕方は、もともとは古代ギリシャのアリストテレスによる

分類に端を発しています。

実際のヒトの感覚は、5つ以上ありますが、かなり難しくなりますので、一般的

にはこの分類が使われているように思います。

 

今回はその中にある、味覚に関して。

 

<1> 味覚ってどんなもの?

ヒトの味覚には、甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の「五大基本味」があります。

その中でうま味に関しては、日本人が発見したと言われています。

昆布の煮汁からグルタミン酸を発見して「うま味」と名付け、特許登録されまし

た。

世界的にも「UMAMI」として知られています。

 

<2> 味覚はどこで感じるの?

味覚という大役は、舌の表面の味蕾(みらい)がその役の大部分を担っています。

味蕾の数は、乳児期には約1万個。頬の内側や唇にも味蕾が存在しています。

それに対して、成人になると7,500個ほどに減少してしまうと言われています。

赤ちゃんは大人よりも微妙な味の違いが感じやすい、ということになります。

ほんの少しの異物も体の中に入れないよう、赤ちゃんに備わった力なのかもしれ

ません。

(※驚異的な数の味蕾を持っている生き物がいます。

それは、ナマズ。

ナマズは、ウロコがなく、全身が約17万個もの味蕾で覆われていています。

濁った水の中でエサを感知するために発達したと考えられています)

味蕾という組織は、舌の中にある舌乳頭と呼ばれる所に存在します。

口を大きく開けて舌を見てみます。

舌の表面、舌背があります。

舌には溝があり、細かい点があります。

この点は茸状乳頭、糸状乳頭です。

更に大口を開けて舌の奥をみますと、ドーム型の膨らみがみられます。

有郭乳頭で7から12個ぐらい並んでいます。

舌側縁の奥には一見ポリープのような凸凹があります。これが葉状乳頭です。

舌の中には、以上4つの乳頭が存在します。

ただ、その中で1つ、糸状乳頭には味蕾が存在しません。

 

<3> 味覚ってどんな働きをしているの?

①食べ物の味を感じ、食欲を刺激する。

②食べ物の味を弁別し、危険なものを食べないようにする。

③唾液を分泌させる。

④消化液の分泌を促し、消化を促進する。

⑤生体に必要な成分を含んだ食べ物を選択して摂取することを助ける。

 

<4> 味覚が感じにくくなることってあるの?

舌の前2/3:顔面神経(鼓索神経)

舌の後1/3:舌咽神経

軟口蓋:大錐体神経

という神経で支配されています。

つまり、これらの神経自身、あるいはこれらの神経の中枢になんらかの異常が生

じると味覚異常が生じ、味覚低下が認められることとなります。

また、ほとんどの味覚異常は末梢性で、味の伝達を行う味蕾の減少・萎縮、唾液

分泌の低下、さらには唾液中の非生理的物質が排泄され、それが異常な味物質と

して働くことにより生じます。

味覚異常の原因にはいくつかあります。

乳頭の萎縮・消失……生理的(加齢的)、貧血などによる

唾液分泌の低下……加齢、シェーグレン症候群などによる

唾液中の非生理物質の排泄

カンジダ症

医原性の味覚低下……がん治療(放射線、抗がん剤)により、唾液腺機能が障害さ

れ分泌低下、舌乳頭が萎縮することによる

亜鉛の不足……食物中の亜鉛と薬剤がキレートをつくり、亜鉛の吸収が障害され、

味蕾細胞の若返りが障害されることによる

降圧剤、トランキライザー、抗生物質、抗アレルギー剤等による薬剤の作用

歯周病

特発性、心因性

体感異常症(セネストパチー)

などがあり、様々な要因で起こります。

それぞれの原因に合わせて治療をする必要がありますので、

気になることは一度相談してみてください。

必要に応じて、専門医に紹介が必要な場合もあります。


お口がくさい!?強烈なニオイの原因とは?

 

こんにちは。院長の谷田です。
爽やかな五月晴れが心地よい季節になりました。
気温も上昇し、日中は少し動くだけで、
汗ばむ日も出てきましたね!

 

 

さて、汗をかく季節になると
体のニオイが気になりますが、
気にすべきなのは体臭だけではありません。
口臭も気にすべきニオイのひとつです。

 

たかが口臭…
そう思われるかもしれませんが、
なかなか消えない口臭の影には
実は深刻な病気が隠れているかもしれません。

 

 

 

 

◆誰にでもある生理的口臭

 

皆さんは朝起きた時に、
お口のニオイが「くさい」と
感じたことはありませんか?

 

 

起きた直後やお腹が空いている時、
緊張している時などは
だ液の分泌量が減少します。

 

すると、お口の中に細菌が増えてしまい、
口臭の原因となる揮発性(きはつせい)の
「硫黄化合物(いおうかごうぶつ)」が
たくさん作られてしまうのです。

 

 

 

 

硫黄化合物は
野菜が腐ったようなニオイ
卵が腐ったようなニオイなどに例えられ、
悪臭と言われることも。

 

この悪臭こそが、
「生理的口臭」の正体です。

 

 

しかし、ニオイの強さは人によって異なるものの、
生理的口臭は、誰にでもある口臭で、
食事や歯みがきをすることで口臭は弱まります。

 

また、女性はホルモンの影響によって
お口のニオイが強くなることもありますが、
一時的に強くなるお口のニオイは
それほど心配する必要がありません。

 

気がかりなのは、次の「病的口臭」です。

 

 

 

 

◆治療が必要な病的口臭

 

口臭の中には治療が必要となるものもあります。
それが、病気によって発生する
「病的口臭」です。

 

原因となる主なお口の病気には、
・歯周病
・むし歯
・舌苔(ぜったい)

などが考えられます。

 

 

この中でも1番考えられる原因は歯周病。

 

歯周病は細菌の感染によって引き起こされる疾患で、
進行すると
歯を支えている骨が溶かされてしまうことも。

 

しかも、歯周病の原因となる細菌は、
嫌なニオイの元となる硫黄化合物を生み出します。

 

 

また、舌に白っぽいものが付着している場合、
それは「舌苔」という細菌のかたまり
の可能性もあります。

 

舌苔に含まれた細菌を放っておくと
病的口臭は、
より一層強くなっていく
のです。

 

 

口臭の原因はそれだけではありません。
「むし歯」も原因のひとつになり得ます。

 

むし歯が進行すると歯に穴が空き、
神経が腐敗してしまうことがあります。

すると、「その穴に詰まった食べかす」
「腐敗した神経」から

強烈なニオイが生じるためです。

 

 

 

 

 

◆お口のケアで口臭予防

 

口臭には様々な原因が存在し、
中には全身の病気が関係している場合もあります。

 

しかし、口臭の原因の80%以上
お口の中にあるといわれており、
その原因を減らすには、
お口の中を清潔にすることが大切です。

 

 

 

 

歯ブラシとフロスや、タフトブラシなどを併用し、
お口の中の汚れを丁寧に落としましょう。

 

そして、ご自宅での歯みがきだけでなく
歯周病やむし歯の早期治療につながる
歯科検診も欠かせません。

 

 

私たちが行うプロフェッショナルケア
皆さまが行うセルフケア2本柱で、
お口のトラブルを防ぎましょう!

 

 

 

タニダ歯科医院
〒669-1133 兵庫県西宮市東山台1-10-5
TEL:0797-61-2000
URL:https://www.tanidashika.jp/
Googleマップ:https://g.page/r/CUn1zmeIAnWtEAE


「安全に美味しく③〜とろみについて〜」

こんにちは。歯科医師の村重です。

今年はこの時期になっても雨が多く、気温の変動も激しいため

皆様体調を崩されないよう、お気をつけ下さい。

さて、今回のテーマは前回に引き続き摂食・嚥下となります。

前回まで二回にわたって食形態についての内容でしたが、

今回は飲み物に付与する「とろみ」についてです。

 

水のようにさらさらとした液体は、速く動いてしまうので

誤って気管に入ることがあります。

とろみをつけることでゆっくりとした動きになり、

液体が気管に入るのを防げます。

そして、摂食・嚥下リハビリテーション学会では

嚥下障害者のためのとろみ付き液体を「薄いとろみ」

「中間のとろみ」「濃いとろみ」の3段階に分けて

表示していいます。

以下に、学会が公表しているとろみの基準を引用します。

 

  1. 薄いとろみ

薄いとろみとは、中間のとろみほどのとろみの程度がなくても

誤嚥しない、より軽度の症例を対象としています。

口に入れると口腔内に広がり、飲み込む際に大きな力を要しません。

コップを傾けると落ちるのが少し遅いと感じますが、

コップからの移し替えは容易であり、細いストローでも十分に吸えます。

中間のとろみよりもとろみの程度が軽いため、患者さんの受け入れは良いです。

 

  1. 中間のとろみ

中間のとろみとは、明らかにとろみがあることを感じるものの、

「drink」するという表現が適切なとろみの程度です。

口腔内での動態はゆっくりですぐには広がらず、

舌の上でまとめやすいです。

スプーンで混ぜると少し表面に混ぜ跡が残り、

スプーンですくってもあまりこぼれません。

コップから飲むこともできるが、細いストローで吸うには

力がいるため、ストローで飲む場合には太いものを

用意する必要があります。

 

  1. 濃いとろみ

濃いとろみとは、重度の嚥下障害の症例を対象とした

とろみの程度です。中間のとろみで誤嚥のリスクがある症例でも、

安全に飲める可能性があります。明らかにとろみがついており、

まとまりが良く、送り込むのに力が必要です。

スプーンで「eat」するという表現が適切で、

ストローの使用は適していません。

コップを傾けてもすぐに縁までは落ちてこず、フォークの歯でも少しはすくえます。

 

 

摂食・嚥下障害をもった患者さんでも、その患者さんの状態に合わせた

食形態やとろみを選択することによって、リスクを最小限に抑えた

食事を提供することができます。

「食べる」「飲む」というのは何にも代え難い人間の大きな喜びの一つなので、

多くの患者さんがその喜びを持ち続けられることを願っています。


お家でできる!口腔がんチェック