改めて見直そう!災害時のお口のケア-タニダ歯科医院|西宮市の歯医者

タニダ歯科医院ブログ

西宮市の歯医者「タニダ歯科医院」がお送りするブログです。

改めて見直そう!災害時のお口のケア

 

こんにちは。院長の谷田です。
暑い日が続きますが、
皆さまいかがお過ごしですか?

 

日本では毎年、夏から秋にかけて、
台風や大雨が多く発生します。

 

今年もすでに各地で被害が発生しており、
被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

 

 

災害時には、
停電・断水・用品の不足などで、
お口のことは後回しにしがち。

 

 

しかし、

 

お口の中を清潔に保つことは、
非常時だからこそ、とても大切なのです。

 

 

もし、お口の清潔を保つことができずに
細菌が増殖してしまうと、
さまざまな感染症誤嚥性肺炎といった
身体全体に関わる大きなトラブルを招く危険
もあります。

 

 

そこで今回は、
いつどこで起こるかわからない災害時における
事前の備えや、お口のケアについてお話します。

 

 

 

 

◆事前に準備しておくとよいもの

 

・歯ブラシ
・洗口液
・ウェットティッシュ
・ティッシュペーパー

 

最低限、上記のものを
防災グッズに含めておきましょう!

 

他にも、
歯間ブラシやデンタルフロス、
キシリトールガムやシュガーレスガムも
準備しておくと役に立ちます。

 

 

また、入れ歯を使用されている方は
入れ歯ケース、入れ歯洗浄剤も
忘れないようにご注意を!

 

 

 

 

 

◆おぼえておこう!
災害時オーラルケアのススメ

 

●歯ブラシがない場合

せめてうがいをするだけでも
洗浄・殺菌効果
があります。

 

30ml程度の水かお茶を使い、
一気に水を含まずに、2~3回に分けて
しっかりとブクブクうがいをしましょう。

 

 

●歯ブラシはあっても水が少ない場合

30ml程度の水をコップに用意。
その水で歯ブラシを濡らしてから歯みがきします。

 

歯ブラシが汚れてきたら
ウェットティッシュやティッシュペーパーなどで
汚れをよく拭き取って、また歯みがき。

 

これを繰り返したら、
最後に2~3回ブクブクとうがいをします。

 

 

●水も歯ブラシもない場合

ウェットティッシュ
ティッシュペーパーで歯をぬぐい、
汚れを拭き取ります。

 

普通に歯を磨くよりも
当然ながら効果は少ないですが、
物資が揃うまではしばらく
この方法で耐えしのぎましょう…!

 

 

 

 

●入れ歯の方は特に気をつけて!

入れ歯ケースを忘れていたことで、
入れ歯を何日もお口の中に入れっぱなし
の状態で過ごしていると
細菌が非常に増殖します。

 

また、入れ歯が破損した場合、
そのまま使用すると、
口腔粘膜を痛める原因になります。

 

逆に「入れ歯を外しっぱなし」にしていると
歯ぐきが痩せてしまい、
入れ歯が合わなくなって使えなくなってしまう恐れも。

 

入れ歯ケースと洗浄剤は、
必ず忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

◆水分不足=だ液不足にもご注意を!

 

だ液には、お口の中の汚れを
洗い流す働きがあります。

 

しかし、災害時には、強いストレスや、
水分摂取が少なくなることなどにより、
だ液の分泌が減ってしまいがちです。

 

 

 

マッサージしたり、
キシリトールガムやシュガーレスガムで
だ液の分泌を促すように意識してみてください。

 

 

 

 

 

今回は
災害時こそ疎かにできないお口のケアについて
ご紹介させていただきました。

 

万が一、災害に見舞われてしまった時には
今回お伝えした口腔ケアを、ぜひ実践していただき、
困ったことがあれば近くのお医者さんや
避難所の職員さんに相談するようにしましょう!

 

 

 

 

タニダ歯科医院
〒669-1133 兵庫県西宮市東山台1-10-5
TEL:0797-61-2000
URL:https://www.tanidashika.jp/
Googleマップ:https://g.page/r/CUn1zmeIAnWtEAE


おとなに多い虫歯?


見逃さない!

こんにちは。院長の谷田です。

 

当院ではテレスコープ(精密拡大鏡)
全ての歯科医師、歯科衛生士が装着して診療を行っています。

 

 

正確な診断と治療を行うため
心臓血管外科や形成外科の手術に使う
倍率が3~10倍のテレスコープを使用しています。

 

 

当院ではテレスコープ無しの治療は考えられないほどの
必需品となっています。

 

インプラント手術はもとより、むし歯治療、歯周病治療、
外科処置と全ての処置で活用しております。

 

今後も患者様へ精密・正確な治療を提供してまいります。

 

 

 

 

タニダ歯科医院
〒669-1133 兵庫県西宮市東山台1-10-5
TEL:0797-61-2000
URL:https://www.tanidashika.jp/

 


骨粗鬆症関連の薬について

こんにちは。歯科医師の法貴です。

今年は梅雨入りが早く毎日天気予報が傘マークで憂鬱な毎日でしたが、

もうすぐオリンピックも始まります。

新型コロナウイルスの猛威はまだ収まることがなく

無観客での開催となりますが、テレビの前から応援したいと思います。

 

 骨吸収抑制薬関連顎骨壊死(ARONJ)や

薬剤関連顎骨壊死(MRONJ)という疾患名を

聞いたことがある方も多いと思います。

しかしながら、実際にどのような方がARONJMRONJを発症しやすいのか、

どのような薬を飲んでいるとリスクが

高くなるのかについて説明していきたいと思います。

 まず初めにBRONJDRONJ

ARONJならびにMRONJと何故呼び名がたくさんあるのかと言う事です。

ビスホスホネート製剤を使用する患者でBP製剤関連顎骨壊死の発症が

報告されこれをBRONJと呼んでいます。

次に抗RANKL抗体製剤であるデノスマブを使用する患者で

デノスマブ関連顎骨壊死が相次いで報告されこれをDRONJと呼んでいます。

そして、BRONJDRONJを惹起する薬剤であるBP製剤とデノスマブは

共に骨吸収抑制薬に分類されることから、

これらをあわせてARONJと呼ばれるようになりました。

その後、骨吸収抑制薬や血管新生抑制薬を含めたさまざまな薬剤が

顎骨壊死を惹起する可能性が報告されている為、

これらを総称してMRONJと呼ぶようになりました。

 MRONJを引き起こす薬にはどのようなものがあるのか?

現在科学的根拠を持って顎骨壊死を引き起こすとが

はっきりとわかっている薬剤は、BP製剤とデノスマブの2種類だけです。

具体的には薬剤は下記の画像を参照して頂ければと思います。

またMRONJに類似した疾患を引き起こす可能性がある薬剤として、

チロシンキナーゼ阻害薬、

モノクローナル抗体製剤(血管新生抑制薬、抗スクレロスチン抗体製剤、

CD20抗体製剤、並びに抗TNF−α抗体製剤など)、

m TOR阻害薬、融合タンパク質、免疫抑制剤(メトトレキサート、ステロイド製剤)

という薬剤が報告されています。

 

次回は発生頻度や症状について書きたいと思います。

お口の中で気になる事があればタニダ歯科医院までご相談下さい。

 


ポリファーマシー

こんにちは。訪問歯科医師の岩本です。

今回は薬についてのお話です。

 

訪問診療先では、

外来診療と同様に、

化膿するのを防ぐための抗菌薬や、

痛みを抑えるための鎮痛薬を

処方することがあります。

 

その時には、必ずお薬手帳を見せていただき、

こちらからの薬をお渡ししてよいかどうかの確認を行います。

 

訪問診療を希望されるようなご高齢の方の手帳には、

大抵、たくさんの薬の処方記録が

貼りつけられています。

お部屋の壁に吊られている日々の薬袋を見ると、

こちらから更にお渡しするのが申し訳なく思えるほどの

大量の錠剤が入っていることも少なくありません。

最近よく言われるようになった

「ポリファーマシー(多剤併用)」という言葉、

皆様も耳にされたことがあるのではないでしょうか。

 

「ポリファーマシー」とは、

poly(複数)」+「pharmacy(調剤)」からなる言葉で、

多剤併用の中でも害をもたらすものを指します。

単に、服用する薬剤の種類や量が多いというだけでは

ポリファーマシーとは呼びません。

 

必要以上に多くの薬剤が投与されていることにより、

有害な事象のリスクが上がったり、

服薬の管理が困難になる、

服薬アドヒアランスが低下する、などの

問題を引き起こす可能性がある状態のことを指します。

ポリファーマシーについての明確な定義はありませんが、

56種類以上の薬剤が併用されている状態を表すことが一般的です。

 

この事態はどのようにして起こるのでしょうか。

 

寿命が延び、たくさんの疾患を抱えてしまった高齢者は、

複数の診療科を受診し、それぞれの診療科から薬を処方されます。

そしてそれら処方薬の副作用が現れると、

それを抑えるために新たに薬が追加されることもあります。

 

また、高齢者の中には認知機能が衰え、

きちんと服薬できない方もおられます。

もし処方した側が、このことに気づかず

「飲んでいるのに効果が表れない」と判断した場合、

さらに処方量が増え、過剰投与となる可能性があります。

 

現在では、これらの問題を解消するために、

 

・お薬手帳のさらなる活用

・飲み残しのチェックなど薬剤師による一括管理

・不必要な薬剤の減薬や中止

・高齢者にとって有害な薬剤の代替薬への変更

 

などが検討されています。

 

 

健康になるための薬のはずなのですが、

その副作用や相互作用のせいで、

 

食欲が無くなったり、

口が乾いて食べづらくなったり、

上手に飲み下せなくなったり、

 

といった摂食嚥下機能の障害が起き、

栄養がとれなくて衰えていくこともあります。

従って、歯科においても、

他科で処方されている薬の服用状況を正しく把握

しておくことは、非常に重要なのです。

訪問診療を受診される際は、お薬手帳のご準備をお願いいたします。

 

 


12345...10...