痛みを知らせるだけではない?神経の役割とは!-西宮市の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

タニダ歯科医院ブログ

 

西宮市の「タニダ歯科医院」がお送りするブログです。

痛みを知らせるだけではない?神経の役割とは!

 

こんにちは。院長の谷田です。
秋が深まる10月は栗がよく採れる季節。

 

食べものとして親しまれる栗は、
染物の材料としても活躍します。
なかでもイガの部分を使うと、
落ち着いた風合いの茶色が楽しめるそうです。

 

 

ところで、イガのような尖ったものを触ると、
チクチクとした刺激を感じますよね?
このような感覚があるのは、
皮膚に神経が通っているためです。

 

実は、私たちの『歯』にも神経が通っており、
「むし歯が痛む」のは、
この『神経』が関係しているのです。

 

 

 

 

◆むし歯が神経まで達すると…

 

むし歯ができた際、
ズキズキとしたひどい痛みを感じるのは、
むし歯菌が「歯髄(しずい)」と呼ばれる
歯の内側の神経組織を攻撃しているためです。

 

歯髄まで達するほど大きいむし歯ができてしまうと、
細菌によって神経が侵されてしまうため、
「歯髄をすべてとり除く処置」をしなくてはなりません。

 

 

 

 

 

◆できれば「神経」はとりたくない…

 

神経をとると、当然ながら
痛みを感じることがなくなります。

 

そのため、
一度「歯髄をとる治療」を経験すると、
次にむし歯になったときに、小さなむし歯でも
「痛いからすぐに神経をとってほしい!」
と考えてしまう方もいらっしゃいます。

 

しかし、それは大きな間違いです!

 

なぜなら歯髄には、
「歯に栄養を運ぶ」という、
とても大切な役割があるためです。

 

歯髄をとってしまうと
本来なら運ばれるはずの栄養が失われるため、
歯は枯れ木のようにもろくなります。

 

そうなってしまえば、
欠けたり、ひび割れたりするなど、
確実に寿命が短くなってしまうのです。

 

 

 

そう、丈夫で健康な歯でいられるのは、
歯髄(神経)があるおかげなのです。

 

 

 

 

◆歯髄(神経)が無くても「むし歯にはなる」!

 

歯髄(神経)が無くなると痛みを感じなくなりますが、
「むし歯にならない」わけではありません!

 

 

逆に言えば、歯髄をとってしまうと
むし歯が進行しても、すぐ気づくことができず、
気づいた頃には、もう歯がボロボロに…
ということも珍しくないのです。

 

 

 

 

◆歯の寿命を延ばすために大切なこと

 

健康で丈夫な歯を残し、
一生豊かな食生活を送る
ためには、
やはり『神経を残すこと』は欠かせません。

 

 

もちろん、どうしても我慢できないほど痛むときや、
重度のむし歯にはやむを得ず神経をとることを
ご提案させていただくこともあります。

 

しかし、
「神経をとればすべて解決!」

 

…というわけではありません。

 

 

むしろ神経をとった歯は、
むし歯の発見が遅れないように
定期検診で注意深く
チェックする必要
があります。

 

 

また、
「神経の残っている歯」がむし歯になっても、
定期検診に通っていれば早期発見ができるため、
神経をとらずに済む可能性が高まります。

 

 

 

 

お口には『むし歯』だけではなく、
『歯周病』をはじめとした
自覚のない病気が他にも潜んでいます。

 

 

定期検診は、そうした
「隠れた病気」を見つけ出す
とても重要な機会です。

 

皆さまの歯を守るため、
ぜひ習慣づけていただければ幸いです!

 

 

 

タニダ歯科医院
〒669-1133 兵庫県西宮市東山台1-10-5
TEL:0797-61-2000
URL:https://www.tanidashika.jp/
Googleマップ:https://g.page/r/CUn1zmeIAnWtEAE


見逃し厳禁!隠れ歯周病


口の終活

こんにちは。

訪問担当歯科医師の岩本です。

 

皆様は「8020運動」を

ご存じでしょうか。

1989年(平成元年)から

当時の厚生省と日本歯科医師会によって推進された、

 

「80歳になっても20本以上

自分の歯を保とう」

という運動です。

 

これには

「生涯自分の歯で食べる楽しみを

味わえるように」

との願いが込められており、

現在では5割を超える達成率だそうです。

 

訪問診療を続けていると、

確かに昔と比べて

歯がたくさん残っている方が

増えていると感じます。

80代になっても

硬いものが噛める方も

いらっしゃいます。

 

ですがその一方で、超高齢化が進み、

人生の最晩年においては

歯が残っていることにより

却って大変になっているケースも多いのです。

 

上の画像で、歯に纏わりついている

白い部分は歯垢(プラーク)と呼ばれるものです。

 

虫歯や歯周病の元となる歯垢は

歯の周りに住み着いた細菌が

作り出しています。

歯(住み着く場所)が無ければ

歯垢は作られません。

 

心身の衰えにより

口腔清掃もままならず、

また唾液などの自浄作用も衰えた

高齢者のお口の中に

歯が多く残っていれば

それだけ細菌の数が多くなり、

虫歯や歯周病、さらには

誤嚥性肺炎を引き起こすリスクも

高くなります。

 

また、一部分だけに単独で

歯が残っているようなケースでは

その歯が歯肉や唇に食い込み、

ひどい傷が出来ることもあります。

 

このような状態が

なるべく起こらないように、

ご本人が比較的お元気なうちから

あらかじめ衛生管理しやすい

環境に持っていくことはいわば

口の「終活」とも言えます。

 

日本歯科大学教授の菊谷武先生は

口の終活を考え始める目安として、

以下のような項目を挙げています。

 

・75歳以上である

・「フレイル」と診断された

・診療中の「むせ」が頻繁になった

・口腔内が不潔になってきた

・根面う蝕が頻発した

・認知症と診断された

・神経筋疾患(パーキンソン病など)と診断された

 

これらの項目のいくつかは、

ご家族や介護者の方でも

気づくことが出来ます。

 

終活の具体的な処置としては、

 

・機能させられない義歯は使わないようにする

(義歯の誤飲予防、衛生状態改善のため)

・粘膜を傷つけている歯を削って丸める、または抜歯する

・ぐらついて抜けそうな歯を抜歯する

(脱落歯誤嚥の予防)

 

などを行います。

 

注水しながら機械で歯を削る、

麻酔して抜歯する等は

その時のご本人の体調により

難しい場合もあります。

だからこそ、早い時期から

将来を予測して対策をとることが

重要です。


エムドゲイン(歯周組織再生療法)

こんにちは。院長の谷田です。

 

 

歯を失う原因で最も多いのは歯周病(歯槽膿漏)でしょう。
歯周病とは一言で言えば歯を支える骨が溶けてしまう病気です。
歯周病で一度失った骨は基本的には自然に回復しません。

 

 

しかし医学の発達に伴い条件が整えば骨を再生する治療法もあります。
今回の症例は歯周組織再生療法であるエムドゲインです。

 

歯の根を徹底的にクリーニングしてその表面にリグロスを塗布します。
リグロスが将来骨になる組織を誘導してくれます。

 

(オペ前)

 

 

(オペ後)

 

もちろん歯周病が重度になる前に定期的な検診で予防する事が重要なのは言うまでもありません。

 

 

 

【医院からのお知らせ】
訪問ステーションのリニューアル工事終了に伴い、第2駐車場が10月1日より利用再開の予定です。ご利用下さい。

 

 

 

タニダ歯科医院
〒669-1133 兵庫県西宮市東山台1-10-5
TEL:0797-61-2000
URL:https://www.tanidashika.jp/
Googleマップ:https://g.page/r/CUn1zmeIAnWtEAE


睡眠時無呼吸症候群

こんにちは、豊原です。

ようやく秋らしくなってきましたね!

コロナ生活3年目ともなれば注意はしつつ、

果物狩りやバーベキューなどを楽しみたいですね!

運動会や文化祭などもあるのかな。

それぞれ秋らしい学生生活が楽しめると良いですね。

 

さて、今回は睡眠時無呼吸症候群について書きます。

睡眠時無呼吸(SAS)は、睡眠中に

何らかの原因により無呼吸状態になる症状です。

無呼吸が起きる原因によって、

SASは大きく2つに分類されます。

1つ目は、空気の通り道である上気道が

物理的に狭くなり、呼吸障害を起こしてしまう

閉塞性睡眠時無呼吸タイプ(OSA)です。

2つ目は、呼吸中枢の異常による

中枢性睡眠時無呼吸タイプ(CSA)です。

無呼吸状態とは10秒以上呼吸が止まる状態をいい、

大きないびきを繰り返すことが多いようです。

睡眠時に無呼吸状態を繰り返すと、

良質な睡眠が妨げられ、起床時の頭痛や

日中の眠気、仕事の能率低下、記憶力低下、

イライラや短気、不安やうつ、異常な寝汗、

頻尿、夜間の中途覚醒を起こしやすく、

日常生活のクオリティの低下を招きます。

実際、世界的にも有名な大きな事故である

チェルノブイリ原発事故や

スペースシャトル•チャレンジャー号爆発事故、

新幹線のオーバーランなどの原因が

この病気にあったと報告されています。

我々の身近でも交通事故は健常者よりも

7倍事故率が高いとの統計が出ています。

また、睡眠中に体内の酸素量が

不足しがちになることで交感神経が緊張し、

脈拍が高まり多くの酸素を供給しようとして

血圧が上昇し、この状態が長期にわたると、

血管障害に至り、心筋梗塞や脳卒中など命に

関わる合併症を引き起こしやすくなることも

分かっています。睡眠時の交感神経優位は、

活動に備えて血糖値を上げるホルモンを多く出すため、

糖尿病を合併しやすくなります。

睡眠時無呼吸症候群の主な原因は

肥満による喉周りの脂肪ですが、顎が小さい、

舌が大きい、扁桃が大きいといった生まれつきの

身体的特徴や慢性的な鼻炎など耳鼻科領域の

病気が原因となることもあります。

睡眠時無呼吸症候群は“単なるいびき”と

軽く考えられがちですが、重度な合併症や

大きな事故を引き起こすこともあるため、

できるだけ早く原因となる肥満の改善や

治療を行うことが必要です。

この続きは、また次回。

秋は台風シーズンでもあります。

皆様、防災にも気を配りつつ、

秋の味覚や過ごしやすい季節をお楽しみください。