歯と歯ぐきの「みぞ」にご用心!-西宮市の歯科・歯医者ならタニダ歯科医院

タニダ歯科医院ブログ

西宮市の「タニダ歯科医院」がお送りするブログです。

歯と歯ぐきの「みぞ」にご用心!

 

こんにちは。院長の谷田です。
4月18日は『よい歯の日』、
日本歯科医師会が
「いつまでも食事を楽しんでもらいたい」
という願いを込めて制定した記念日です。

 

『よい歯』を守るためには
毎日の歯みがきが不可欠ですが、
どんなに歯をみがいても
汚れの落ちにくい場所があります。

 

それが、「歯」と「歯ぐき」の間にある、
『歯周ポケット』と呼ばれる「みぞ」です。

 

 

「歯周ポケットという名前は聞いたことがある」
という方も多いと思いますが、
実は、歯周ポケットの存在は
「歯を失ってしまう前兆」でもあるのです。

 

 

 

 

◆『歯周ポケット』って一体なに?

 

歯と歯ぐきの間は、一見すると隙間なく
ピッタリくっついているように見えます。

 

ところが、この境目には隙間があり
この「溝(みぞ)」を
『歯肉溝(しにくこう)』といいます。

 

 

通常、溝の深さは1mm程度しかありませんが、
ここにプラーク(歯垢)が溜まると、
歯周病菌が歯ぐきに炎症を引き起こし、
溝が深くなります。

 

 

この「深くなった溝」こそが
『歯周ポケット』の正体です。

 

 

 

 

そしてなんと、『歯周病』が悪化すると
ポケットの深さは1cmを超えることも。
ちょっと想像しただけでも怖いですね。

 

 

 

◆ポケットが深くなるだけじゃない!

 

歯周病菌は
ただ歯周ポケットを深くするだけ
ではありません。

 

同時に『歯石』を作りだし、
そこを隠れ家にしてどんどん繁殖していきます。

 

歯の表面はもちろん、
歯周ポケットの中にも「歯石」を作りだすのです。

 

その奥には歯ブラシも届かないため、
「細菌のすみか」となり、
恐ろしい数の細菌が繁殖します。

 

 

 

 

そしてなんと、
歯周病菌が出す毒素により
歯を支える骨が溶けはじめ、
やがて歯が抜けてしまうのです。

 

 

 

 

 

◆歯周ポケットを深くしないために

 

歯周ポケットが深くなるほど、
歯周病菌によって
歯を支える骨が溶かされるリスクが高くなります。

 

しかし、
歯ぐきの中に生息している歯周病菌は
普通に歯みがきをしても
なかなか取り除くことができません。

 

 

そこで必要になるのが、
歯科医院でのチェック歯周病治療です。

 

歯科治療では歯の表面だけではなく、
専用の器具を使用して
ポケットが深い部分の歯石まで
しっかり取り除きます。

 

 

 

 

 

◆気づかないうちに「悪化」する…

 

実は、歯周病で最も恐ろしいのは、
目立った自覚症状がないまま
歯周ポケットがどんどん深くなることです。

 

 

気づいたときには
ポケットの深さが1cm以上!

ということも珍しくありません。

 

 

そこまで深くなる頃には、
すでに歯を支える骨も溶け始めています。

 

「歯ぐきが腫れてるかな?」
「ちょっと出血してるな…」

 

そんなときは、まず一度、
歯周病検査を受けてください。

 

ポケットが深くなる前にしっかり治療をして、
1本でも多くの歯を守りましょう。

 

 

 

タニダ歯科医院
〒669-1133 兵庫県西宮市東山台1-10-5
TEL:0797-61-2000
URL:https://www.tanidashika.jp/
Googleマップ:https://g.page/r/CUn1zmeIAnWtEAE

アレルギー①

こんにちは、豊原です。

桜が満開になり、春がやって来たと実感が湧きます!

卒業、入学、就職など、春は色んなことが新しく動き出す季節ですね。

そして、併せて花粉症の季節でもあります。

症状が年によってひどかったり、軽かったりと様々だと思いますが、

今日はアレルギーについて書きたいと思います。

 

そもそもアレルギーは、

本来ならば自分の身体を守るために備わった免疫システムが、

誤った方向に働いた時に起こる症状をいいます。

生物は自分の身体を外敵から守るために免疫を備えています。

免疫担当細胞は外敵を見つけ、排除してくれています。

実は生体内では毎日たくさんの癌細胞が生まれていますが、

この免疫担当細胞たちが頑張ってくれていることで、

私たちの身体はそう簡単には癌には侵されないのです。

しかし、このすごい免疫細胞たちもどういうわけか、

たまに失敗を犯し、自分の身体の細胞を間違って

攻撃してしまうことがあります。

これが“アレルギー”の正体です。

アレルギーも免疫反応の結果であり、

それを引き起こす原因になる物質のことを

アレルゲンといいます。

アレルギーはまず、特定の物質により症状が表れ、

その上で血液検査や皮膚や粘膜検査などを経て

診断に至ります。血液検査で異常値があっても

症状がない時はアレルギーとは診断されません。

アレルゲンは体内に入ると異物とみなされ、

排除しようとする免疫機能がはたらき、

I gE抗体が作られます。この状態をI g E感作といい、

いったん感作が成立した後に、再びアレルゲンが

体内に入ると、I g E抗体がくっつき、マスト細胞から

ヒスタミンなどの化学伝達物質が放出され、

アレルギー症状を引き起こします。

アレルゲンとしては、花粉や食べ物、薬物、ダニ、金属、

化学物質など様々な物質があります。

接触した場所で症状が表れるものもあれば、

接触した場所から離れた場所に症状が表れることもあります。

正常な皮膚は、角質に守られており、異物が侵入しにくい

構造になっています。しかし、湿疹などがあり、

アレルゲンが皮膚のバリアを通過して、表皮や真皮に

侵入すると、免疫細胞と反応して感作が起こります。

これを「経皮感作」といいます。

一方、無害なアレルゲンに対しては、

制御性T細胞と呼ばれるリンパ球が働き、

アレルギー反応は起こりません。

これを免疫学的寛容といいます。アレルギーがある人は、

このシステムがうまくいっていないと考えられています。

「経口免疫寛容」とは、食べたものに対して

過剰なアレルギー反応を起こさないようにする

仕組みのことです。近年の研究結果から、

スキンケア不足による「経皮感作」により

食物アレルギーは進行し、食物アレルゲンを

症状なく食べて摂取を続けることにより

「経口免疫寛容」が誘導されることがわかってきました。

次回はアレルギーの予防について書きますね。

お花見を是非楽しんでください。

4つのキケンな『ほったらかし』

乳歯の生え変わり

こんにちは、歯科医師の久貝です。

 

さて、季節はもう春・・・・と言いたいとこですが、

 

まだまだ寒さが厳しい季節ですね。

 

先日、子供の卒園式に行ってまいりました。

 

子供の成長というのは、本当に早いもので

 

あっっっっ・・・・という間に6歳になっていて

 

それだけ自分も歳をとったという事ですね

 

さて、僕の子はまだ永久歯が萌えてきてはいないのですが

 

だいたいの子供さんは、6歳頃から永久歯が出てき始めます。

 

・・・知ってました?

 

お子様の乳歯は全部で何本抜けるのか、皆様ご存じでしょうか?

乳歯は生後6か月ごろから下の前歯(乳中切歯)から生え始め、

 

3歳くらいまでには生え揃い、全部で20本になります。 

 

上の歯が10本、下の歯が10本です。

それでは、今度は乳歯→永久歯は、どのタイミングで起こるのでしょうか?

 

乳歯が抜ける時期には個人差がありますが、

一般的には6歳前後から12歳くらいまでに乳歯から永久歯へと生え変わります。

 

最初に下の前歯が抜けて永久歯へと生え変わり、

ほぼ同時期に「6歳臼歯(きゅうし)」と呼ばれる奥歯の

「大臼歯(だいきゅうし)」が生えるのが一般的です。

「大臼歯」は、乳歯がなく永久歯と生え変わる時期に初めて生えてきます。

 

14歳ごろには、親知らず以外の永久歯が全て揃うでしょう。

間違いの無いように言っておきますが、

今述べていることは あくまで「一般的」なお話しで、

ここには「個人差」というものがあります。

歯の生え変わりには、それぞれのスピードがあるため、

多少遅くてもあまり心配はいりません。

それでは抜け替わる順番はどうでしょう?

通常、歯は抜けた順番に生えかわっていきます。

 

5~6歳頃にまず下あごの前歯が生えかわり、

ほぼ同時期に6歳臼歯(第一大臼歯)が、上下左右に顔を出します。

その後は次第に生えかわっていきますが

犬歯と第一小臼歯、たまに順番が入れ替わって生えることもあります。

6歳臼歯の奥にある12歳臼歯(第二大臼歯)が生えると、

28本がそろって永久歯列となります。

あと、生え変わり時期に注意して欲しいポイントをご紹介します。

下の前歯でよく見られるトラブルですが、

乳歯が抜ける前に永久歯が生えることがあります。

乳歯がしっかり生えているにもかかわらず、

永久歯が生えてきた場合は歯科医へ相談しましょう。

次もよくあることですが、歯の生え変わり時期を大きく過ぎても

乳歯が抜けない場合、永久歯が作られていない可能性が高いでしょう。

いつまでも生え変わらない場合、

レントゲン検査をしてみることをおすすめします。

実際にレントゲンを撮ってみると、

永久歯が先天性欠損している場合もあります。

そういう場合は、将来的に矯正歯科も視野に入れてご相談になる事もあります。

何事も「転ばぬ先の杖」で、

定期的な検診にて口腔内をしっかり見守っていく事が大事だと思います。

もし良ければ、タニダ歯科の定期健診にて、

口腔内をしっかり管理が出来れば、嬉しいかなぁ・・・と思います。

 

出来るだけ痛みの少ない治療を心がけています

こんにちは。院長の谷田です 。

 

3月に入り朝晩はまだ冷え込む日もありますが、
日中は暖かい春の日差しを感じれるようになりました。
桜の開花も待ち遠しいです。

 

 

さて、当院では患者さまが出来るだけ無痛的に治療を受けて頂くよう細心の注意を払っています。今回その取り組みの一部をポスターにして掲示することにしました。

 

 

麻酔の温度管理、電動麻酔注射器に関しましては先日のブログ「無痛麻酔の取り組み」でもご説明させていただきましたが、そこに表面麻酔を加えることで痛みを大幅に減らすことができます。

 

 

このほか、当院ではできるだけ痛みの少ない治療を心がけ、
日々研鑽し技術や知識を向上させております。

 

ご安心して治療を受けていただければ幸いです。

 

 

タニダ歯科医院
〒669-1133 兵庫県西宮市東山台1-10-5
TEL:0797-61-2000
URL:https://www.tanidashika.jp/
Googleマップ:https://g.page/r/CUn1zmeIAnWtEAE